画像

写真拡大 (全2枚)

 みずほ銀行は、資産運用の相談に対応する3種類のコミュニケーションロボットをみずほ銀行八重洲口支店のFinTechコーナーに期間限定で設置した。

 みずほ銀行は、伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)と連携し、資産運用の相談に対応する3種類のコミュニケーションロボット(Pepper、Sota、NAO)をみずほ銀行八重洲口支店のFinTechコーナーに設置した。ロボットたちは店舗を訪れた顧客に対し「NISAのお得な話」や「海外の金利動向」、「将来のお金の準備」などの資産運用の話について連携して案内する。

 今回は1月16日〜2月17日の期間限定での設置だが、みずほ銀行はこれを契機として、複数の異なるロボット連携による接客の実効性を見極め、将来的にはロボットによる受付から窓口業務まで一気通貫したサービス提供を展望していく。

 また、同銀行は、ロボットと顧客とのコミュニケーション内容と、既存取引情報や最新金融情報との融合によるOne to One対応、人工知能技術との連携によるインタラクティブな応対をベースにした行員のコンサルティングサポートなど、より高度なロボット活用も視野に入れている。

 なお今回のコミュニケーションロボット設置においては、ロボットの企業利用を研究するCTCの検証施設「RoBo-LAB(ロボラボ)」が、各種ロボットとWebサービスやセンサーを連携させたシナリオの作成・実行・管理が可能なロボット&IoTプラットフォームを提供した。

MarkeZine編集部[著]