営業最終日を迎えたプランタン銀座

写真拡大

 暮れも押し詰まった2016年12月31日の午後4時過ぎ、銀座の歴史に華を添えた店舗がまた1つ姿を消した。

「都内で唯一のフランス系デパート」として長年親しまれた銀座三丁目の百貨店「プランタン銀座」が32年の歴史に幕を下ろしたのだ。

◆かつてはフランスの大手百貨店とダイエーの合弁だった

 プランタン百貨店は、1981年に当時の国内小売業最大手であった「ダイエー」の手により、フランスの大手百貨店「オ・プランタン」のフランチャイズ百貨店として日本上陸を果たした。このとき開業した日本1号店の「プランタン三宮」は、現在スーパーマーケット「ダイエー神戸三宮店」、ファッションビル「三宮オーパ」として営業している。

「プランタン銀座」は1984年4月にプランタン百貨店の日本4号店として開店。建物は地下2階、地上7階、売場面積は22,212屬如読売新聞社が保有する「読売銀座ビル」への出店だった。その後、プランタン百貨店は1993年に開店した「プランタン甲子園」(ダイエーを経て現在はイオン甲子園店)まで日本に8店舗を展開するが、銀座店を除きいずれも2000年までに「プランタン百貨店」としては閉店。現在はその多くがダイエーやイオンが運営するスーパーマーケットとなっている。

◆フランス流の高級百貨店からカジュアル百貨店へと転換!しかし……

 国内最後の「プランタン百貨店」となったプランタン銀座は、2002年になるとダイエーの経営不振により株式が読売新聞社と三越に売却され、高級服飾品中心から若い女性をターゲットとした百貨店への改装が進められた。この改装は、同じ銀座で三越が運営する「銀座三越」との差別化を図りたいという思惑もあったと考えられる。

 三越グループと讀賣グループの手によって運営されることになった新生・プランタン銀座であったが、その後も2004年にサンケイリビング新聞社がおこなったOLを対象としたアンケート(集計数826人・回答者平均年齢30.2歳)で「OLが実際によく行くデパート1位」となるなど、他の百貨店とは一味違った「フランスらしさ」と「銀座らしさ」を兼ね備えたオシャレで華やかな場所として、都心で働く若いOLを中心に人気を集め続けた。

 しかし、リーマンショックを経て2010年代に入り、消費者の趣向の変化とともに銀座に「カジュアル化」の波が押し寄せると、プランタン銀座も大きな転機を迎える。駅ビルなどとの競合も激しくなった近年は、かつての高級路線からは大きく舵を切るかたちで「自主編集売場の縮小」と「テナント化」を進めており、客層も大きく変化。「ユニクロ」や「ニトリ」などといった、ショッピングセンターでもお馴染みの大型専門店を導入することで顧客層の拡大を図るようになっていた。

 しかし、そうした経営手法は「プランタン」の終焉へと繋がってしまったのかもしれない。2015年12月、プランタン銀座は2016年12月末に迎える商号使用契約期限を更新せず「プランタン百貨店」としての営業を終了、閉店することを発表した。閉店に至った大きな要因としては、プランタン銀座が「カジュアル化」したことにより、高級百貨店である「オ・プランタン」と経営方針の相違が生まれるようになったためであるとも言われている。

◆営業最終日、朝から賑わう――閉店時には店員による歌も

 プランタン銀座の営業最終日となった12月31日は、大晦日であったものの朝から多くの人が詰めかけ、混雑は閉店を迎える16時ごろまで続いた。

 特に人気となったのは12月30日より販売を開始した「最後の福袋」で、社員のコンシェルジュサービスを受けながら自由に売りつくし特設会場内の商品から好みの服・雑貨などを7点選べる「プランタン銀座城 夢のウォーキングクローゼット福袋」や、ケーキショップ「アンジェリーナ」のモンブランが365日味わえる「365日のモンブラン福袋」、プランタン銀座プロデュースのパリツアーなどといった「プランタンならでは」の体験型福袋が販売され、「フランス系デパート」の最後に華を添えた。