寒いこの季節、あったかいお布団にいつまでも包まっていたいと思って起きるのが苦痛だったりしますよね。でもそうやってズルズルしているうちに時間は過ぎ、いつも慌てて起きる……というのでは気持ちいい朝のスタートはきれません。朝の過ごし方はその日1日を左右するほど大事なものです。

ハッピー女子たちがやっている“朝の儀式”6つ

朝気持ちよく起きて、心身のリズムを整えれば、気持ちも自然と前向きになり、運気もみるみる上がっていきます。毎日ハッピーに過ごしている人たちはそれを“朝の儀式”として習慣化し、幸運を引き寄せる体質になっているとも言えるでしょう。そんな儀式とはいったいどんなことなのでしょうか?

白湯やお水を大きなコップ1杯飲む

のどが渇いたと感じていなくても、起きたらまず白湯かお水をたくさん飲むというのはデトックス習慣としても常識的なこと。また一晩眠っている間に、乾燥した空気や呼吸によって体内でかなり水分不足になっているので水分補給が大切という見方もあります。
たとえのどが渇いたと思わなくても、体のなかは確実に水分を欲しています。普通のお水ではなく、レモン果汁やミントを入れれば、デトックス効果もさらに高まり、体をさわやかに起こすことができるでしょう。

5〜20分の“瞑想タイム”で心を落ち着け、穏やかな気持ちで1日をスタートさせる

なにかと慌ただしく過ごす朝の時間ですが、だからこそ心の余裕を持つことがその日の精神状態を穏やかにキープする秘訣にもなります。たった5分でもいいので、ゆっくりと目をつぶり深呼吸をして、自分の呼吸だけに意識をフォーカスしましょう。日頃“忙しい”が口癖になっている人ほど、こんなわずかな時間が落ち着きをとり戻すきっかけになります。

テレビも音楽もつけず、ストレッチをして自分の体と向き合う

少し早めに起きてゆっくり朝食をとったあと、時間をかけて体のストレッチ。この間、テレビも音楽もつけず、静かな環境で自分の体と向き合うことが貴重な時間となっているという人も。朝このように心身をリラックスさせると、その日1日集中力が高まり、仕事も精力的にこなせるようになると言います。

“達成したいこと”を明確にイメージし、その日やるべきことをリストに落とし込む

朝起きたら、まず自分の精神状態と体調をよく考え、20分の瞑想で気持ちを落ち着けます。そうしたら、仕事とプライベートの両方で自分がいかにラッキーで恵まれているか、感謝の気持ちをしっかり胸に抱きましょう。すると気持ちも自然と前向きになってくるので、今日そして今週中にやっておきたいことをなるべく具体的にイメージし、それに向かってすべきことやアイデアを片っ端から書き出していきます。クリエイティブな仕事をする方におすすめの朝の儀式です。

お湯をかけてすぐにできるオートミールを朝食にして、素早くエネルギーチャージ

朝食が大切なことは知っているけど、ゆっくり料理していられないし、食べる時間もない、という人には、お湯をかけるだけですぐにできるお粥のようなオートミールがおすすめ。植物繊維が豊富で腹持ちがいいのですが、これにヨーグルトをかけたり、ブルーベリーなどのフルーツやナッツ類を加えれば、バリエーションも増やせるだけでなく、栄養価もはるかにアップ。まさに手軽でヘルシーな朝食の代表選手です。これに卵料理を1品加えれば、さらに理想的です。

家族より早く起きて、“ひとりタイム”を満喫する

仕事や家事、育児に忙しい日々だと、一人でゆっくりできる時間なんてほとんど皆無という方も多いでしょう。でもそうなると、ストレスもたまり、精神的にもキツくなってきます。そうならないためにも、家族より1時間早く起きて、静かな“ひとりタイム”をゆっくり満喫するというのも、素敵な朝の過ごし方。コーヒーを淹れて読書に没頭する、念入りにスキンケアをする、ヨガや瞑想をする、あるいはなにもせずただボーっとするというだけでも精神的デトックスになります。朝自分のための時間がとれていれば、日中どんなに忙しくても、心に余裕を持つことができるでしょう。