16日放送の「好きか嫌いか言う時間」(TBS系)で、東海大学教授の金慶珠(キム・キョンジュ)氏が、竹島領土問題について持論を展開した。

番組では「日本と韓国で好きか嫌いか言う時間」と題して、日本と韓国の若者がスタジオに集まり、竹島の領土問題について徹底討論した。

討論が白熱する中、坂上忍に見解を問われた金氏は「みなさん(の意見は)どれも正しい」と中立の立場をみせたうえで「領土問題については、国際法が一番大事」「残念なことに竹島・独島に関しては、サンフランシスコ講和条約に明確な規定がない」と指摘した。

そのうえで金氏は「日本人としては日本人の解釈がある、韓国には韓国の解釈がある」「お互い意見が食い違う部分がある」との見解を示した。

すると、弁護士の横粂勝仁氏が「(金氏は)韓国側の理論を、それらしく言われてますけど…」と割って入った。横粂氏は「だとしたら、国際司法裁判所(ICJ)と言って、領土問題を判決できる機関がある」「ただ、日本が(ICJに)訴えようと思っても(韓国の)同意が必要。付託には同意が必要な中で、韓国はずっと逃げてきている」と、韓国の姿勢を批判した。

ところが、これに金氏は「韓国がICJに行かない理由は『行くと負けるから』『やましいところがあるから』と、日本では当たり前のよういに言われてますけれども」「日本も韓国も戦略」「韓国の戦略はずっと『静かな外交』といって、この実行支配をずっと続けていく」「これが100年後、200年後なれば、国際法上も揺るぎない韓国のものになるという。そういう戦略です」と、日本の主張やICJの存在を無視するかのような、韓国側の戦略を説明した。

この話に、坂上が「じゃあ、実質的に支配していたら、そこはその国のものになっちゃうの?」と、疑問を呈していた。

【関連記事】
金慶珠氏が少女像設置に理解を示す発言 出演者から集中砲火浴びる
木村太郎氏が韓国の次期大統領候補を酷評「この人を選んだら不幸になる」
カンニング竹山 像設置をめぐり韓国に苦言「自国の政治をちゃんとしなさい」