いつ、どう買えば安い? 激安底値カレンダー【1月】をチェック!

写真拡大

世界の行く末がまるで見えない今こそ、大事なのは生活防衛と賢い買い物。

季節の移り変わりや政治動向と連動するあらゆる物価の「底値」を知れば、この世はまるでパラダイス! このカレンダーを味方につけて、今年を楽しく乗り切れ!

* * *

さっそく1月からいきましょう。まず登場するのは、関西のスーパー業界でメーカー担当者を震え上がらせる豪腕バイヤーのA統括部長! 昨年もミャンマー産松茸(まつたけ)の輸入ルートを新規開拓し、全店で3億円分売り抜いたとか。スタートダッシュの景気いいネタをお願いします!

「お任せください! 米トランプ政権の先行き不安で円高が濃厚な今年は、牛肉、小麦など米国産食材の値下がりが期待できますが、とにかく何が起きるかわかりません。まずは手堅く生活防衛。『年越し』『正月』などのロゴ入り期間限定食品のハゲタカ買いです!

特に13日頃から始まる迎春モデルパッケージのカップ麺、お歳暮ギフトセットのバラ売りセールは見逃せません。1缶4000円前後の超高級タラバガニ缶も、9割引きの400円で狙えます!」

続いて、風俗コラムが人気のエンタメ系ライターB氏の出番です。あちこちのAV女優のプロモーションを請け負って楽しそうですねえ。

「そんなことより、今年もエロDVDの新春福袋は大豊作。各メーカーの新旧作混合のDVD10本にアダルトグッズ付きで、定価の9割引きの3000円から! 昨年大評判だった人気女優の生パンツ入りの『特賞』も大増量するらしいので、お買い逃しなく!」

2月は、某日産系ディーラーの伝説のセールス王C氏が名乗りを上げています。

「この2月はズバリ、電気自動車EVが買いです! 2018年にフルモデルチェンジが予定されている『リーフ』は、大容量電池を積んだベーシックグレードが通常320万円ですが、国の補助金が最大33万円、各自治体の補助金やエコカー減税、そして年度末の値引き交渉を頑張れば、約70万円引きの250万円台。

さらに、なんと今、新車のリーフを買うと、今後2年間の充電会費がタダです! 何万km走ろうが、タダで日本中走り放題!! これらの特典をガソリン車との比較で換算すると、実質100万円程度の値引きに相当します

ひゃ、ひゃくまん!!!

★続編⇒年度末の狙い目、優良な中古の軽自動車が1000円で買える!? その理由とは…



(取材・文・撮影/近兼拓史)