3つの「習近平色」一層の強化が滲んだ総書記新年挨拶

写真拡大

習近平総書記による
恒例の祝賀の挨拶

 習近平総書記が毎年恒例の新年の祝賀の挨拶を行った。今回も中国共産党の権力の中枢を象徴する中南海でその模様が撮影されたが、過去3年は習総書記自らの仕事部屋とされる場所で座って挨拶をしたのに対して、今回は広くて奥行きのあるロビーのような場所で、立ったまま挨拶をした。

 この変化が何を意味するのかは、少なくとも現段階では私には分からない。

 本稿では、中国語で約1250字におよぶ習総書記の新年の挨拶をレビューしつつ(2016年度版は約1250字、2015年度版は約1370字、2014年度版は約750字)、口にされた内容から解読できる、あるいは私自身が解読すべきだと考える部分を抽出し、過去の挨拶との比較を含めて、若干の分析を加えていきたい。

 挨拶の映像を眺めつつ、活字を追いつつ、その挨拶から私が最も印象深く感じたのは、習近平総書記の政治観、および同氏率いる今期政権の色が比較的濃厚ににじみ出ていたことである。ケースとして3点引用してみたい。

 その3点とは、「反腐敗闘争」、「貧困撲滅」、「国際的発言権・影響力の拡大」である。

「我々は、全面的に厳しく党を治めることを積極的に推進してきた。"トラを叩きハエ"(筆者注:"トラ"とは往々にして副省長・中央次官級以上の高級官僚を指し、"ハエ"とは中級幹部以下の官僚を指す)を叩くことを徹底してきた。政治生態を純粋で清廉なものにすることを継続し、党、政治、社会の秩序や風潮を引き続き好転させていく」

 一つ目の反腐敗闘争に関する部分である。本連載でも度々扱ってきたが、習近平総書記は、王岐山・中央規律検査委員会書記を右腕に、政権の目玉政策として同闘争を推し進めてきた。過去の挨拶を見返しても、これに関する言及が見られる。特に2年前の2015年版では同闘争への意気込みが強調された。

「我々は反腐敗闘争の強度を高め、ゼロ容認の態度で腐敗分子を厳しく取り締まる」

「中国共産党が領導する社会主義国家の中では、発見したすべての腐敗分子に処罰を与える。腐敗も汚職も必ず取り締まり、粛清を施していく」

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)