ふくち・しげお  アサヒビール元会長兼CEO 1934年福岡県生まれ。57年アサヒビール株式会社入社。99年代表取締役社長就任。2001年、48年ぶりに国内ビール系飲料で年間トップシェア獲得。02年代表取締役会長兼CEO。07年相談役就任後は東京芸術劇場館長、日本放送協会会長、新国立劇場理事長などを務める。15年相談役退任。

写真拡大

スーパードライの大成功は運が良かったからかもしれないと、福地茂雄元会長兼CEOは述懐する。最新著書『アサヒビールで教わった 自分の壁を一瞬で破る最強の言葉』から、運を逃さず引き寄せる方法を説いた「最強の言葉」をお届けする。

今、当時と同じことをしても
爆発的に売れたかはわからない

 運がなければ、絶対に成功しません。

 成功における運の占める割合は、意外に高いのです。

 ところが、人間は成功するとつい慢心し、運の存在を否定します。すべて自分の実力の結果だと思い込んでしまうのです。ただ、そのようにして成功体験に酔いしれているばかりでは、成功し続けることは不可能と言ってもいいでしょう。

 私は運がいいことに、アサヒスーパードライの爆発的なヒットに、営業部長として携わることができました。そのため、スーパードライの成功について講演してほしいという依頼をたくさんいただきました。しかし、これがなかなか難しい。

 なぜなら、スーパードライのヒットは、当時の経済環境や消費者の嗜好の変化など、さまざまな条件が重なった中で起こったものだからです。

 スーパードライは、ヒット商品にするべく周到な調査と商品設計を行なった結果、大成功しました。だからといって、当時と同じことをすれば、同様のヒット商品が生まれるかと言えば、もちろんそんなことはありません。

 当時と今とでは、時代環境がまるで違うからです。ですから、スーパードライの成功ストーリーを、今お話ししても、単なる昔話になりかねません。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)