3月3日(金)に開催される「日本アカデミー賞」授賞式の司会を務める西田敏行(左)と安藤サクラ(右)

写真拡大

第40回「日本アカデミー賞」優秀賞発表記者会見が行われ、司会を務める西田敏行、安藤サクラらが出席した。

【写真を見る】「日本アカデミー賞」授賞式で初司会を務める安藤は、やや不安な様子!?

今回の日本アカデミー賞は、'15年12月16日から'16年12月15日までの間に東京地区にて有料で初公開された劇場用劇映画及びアニメーション作品が対象となる。

この日は優秀作品賞、優秀アニメーション作品賞、優秀主演男優賞、優秀主演女優賞など、15部門の受賞者及び受賞作品が発表された。

優秀作品賞は「怒り」「家族はつらいよ」「シン・ゴジラ」「湯を沸かすほどの熱い愛」「64−ロクヨン−前編」。

優秀主演男優賞には「海賊とよばれた男」の岡田准一をはじめ、「日本で一番悪い奴ら」の綾野剛、「64−ロクヨン−前編」の佐藤浩市、「シン・ゴジラ」の長谷川博己、「聖の青春」の松山ケンイチ、優秀主演女優賞には「後妻業の女」の大竹しのぶ、「リップヴァンウィンクルの花嫁」の黒木華、「ちはやふる−上の句−」の広瀬すず、「怒り」の宮崎あおい、「湯を沸かすほどの熱い愛」の宮沢りえが選出された。

「怒り」は、優秀作品賞、優秀主演女優賞など計11部門、「湯を沸かすほどの熱い愛」は優秀主演女優賞など計4部門で受賞!

また、優秀アニメーション作品賞には、海外でも絶賛された「君の名は。」など計5作品が選ばれた。

昨年に引き続き4度目の司会を務める、日本アカデミー賞協会の副会長でもある西田は、「ことしは楽しく、滞りなく授賞式が進行できるよう努めたいと思います。映画人にモチベーションを上げていただいて、すばらしい作品を作り続けていけるようなイベントでありたいと願っております」とコメント。

一方、「百円の恋」で昨年の最優秀主演女優賞を受賞した安藤は、「昨年、受賞が決まった時は、皆さんから『おめでとう!』のお祝いの言葉と共に、『来年、大丈夫?』と心配されることが多かったです。この1年は『来年は司会だ!』と思いながら過ごしていました。でも、ことし初詣でおみくじを引いたら、『とにかく目上の方に頼りなさい。そうすればうまくいく。だからといって、調子に乗ると駄目だ』みたいなことが書いてありました。それを読んだ瞬間、これは日本アカデミー賞の司会のことだと思いました(笑)。西田さんに頼りながら、受賞者の皆さんに粗相のないように頑張りたいです!」と意気込みを見せた。

なお、日本アカデミー賞の授賞式は3月3日(金)に東京のグランドプリンスホテル新高輪にて行われ、日本テレビ系で生中継される予定。