2016年11月、コンビニ大手ローソンは、銀行業に参入するための準備会社を設立したと発表しました。すでにセブンイレブン、イオングループなどが参入している「コンビニ銀行」の戦場に、あえて今ローソンが勝負を挑んだ意図は何でしょうか? 無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』では著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんが、ローソンの参入で「下克上」となったコンビニATM戦争の現状を鋭く分析しています。

ローソンの今さらながらの銀行参入でATM戦争が勃発

佐藤昌司です。昨年の11月25日、ローソンは銀行業参入のための準備会社を設立しました。流通業による銀行業参入は、セブン&アイ・ホールディングス、イオンに続く3社目になる見込みです。なぜ今、ローソンは銀行業に参入するのでしょうか。

ローソンはセブンイレブンと同じように全国の店舗にATMを設置しています。セブンイレブンと違うのは、ローソンは銀行としてではなく運営会社としてATMを店舗に構えていることです。ローソンのATMは、銀行42社が出資するローソン・エイティエム・ネットワークス(LANs)が運営しています。そのため、手数料収益が一部に限られ、また、ローソン独自のサービス提供が難しいというデメリットを抱えていました。

2015年度末のセブン&アイ・ホールディングス傘下のセブン銀行のATM設置台数は22472台でLANsの11201台の2倍以上あります。また、2015年度の単体純利益はセブン銀行の261億円に対して、LANsは38億円にすぎません。6倍以上の開きがあります。1台あたりの純利益もLANsはセブン銀行に水をあけられています。先行するセブン銀行は自前の銀行のため、大きな収益を確保することができています。

ちなみに、セブン銀行の損益計算書を確認すると、収益のほとんどをATMの手数料で稼いでいることがわかります。消費者がATMを利用するたびに金融機関などからセブン銀行に手数料が支払われる仕組みです。2015年度のセブン銀行のATM受入手数料は全体の経常収益の93.0%を占めています。貸出を主体として収益を上げる一般的な銀行像とは一線を画しているのがわかります。

ローソンが銀行業に参入する理由は、手数料収益の拡大以外で考えられるのが、銀行口座の開設や資金決済サービスを行えるようにすることです。一般的な銀行が行なっているサービスをコンビニでも行えるようにする意図がありそうです。セブン銀行では銀行口座の開設と資金決済サービスが行えます。

一方、イオン傘下のイオン銀行は一般的な銀行に近い営業形態で展開しています。ATMの手数料収入も得ていますが、貸出といった資金運用も収益の大きな柱になっています。現状は貸出の収益の方が大きい状況で、2015年度は貸出金利息だけで経常収益の51.1%を稼ぎ出しています。また、イオン銀行の2015年度の単体純利益は123億円で、セブン銀行には劣るものの、LANsよりは優っています。

イオン銀行では、キャッシュカードに電子マネー「WAON」を搭載しています。ATMで預金を下ろすことはもちろん、あらかじめ入金しておくことで、ワンタッチで買い物ができます。利便性の高いサービスを提供することができています。

他にも、年金保険や医療保険といった保険商品の販売、投資信託商品の販売、住宅ローンやカードローンといったローン商品なども販売しています。銀行業に参入したことで幅広い金融商品を販売できるようになりました。クレジットカード会社と経営統合し、クレジットカードの発行も行なっています。

現在の流通業による銀行業は、セブン銀行のように手数料収益主体のビジネスモデルと、イオン銀行のように貸出や金融商品の販売が主体のビジネスモデルの二つに大きく大別できます。

ローソンはイオン銀行ではなくセブン銀行に近いビジネスモデルを志向していると思われます。ATMの手数料収益は魅力的で、ローソンは自前の銀行を設立することで、得られる手数料収益の割合を高めたい意図があるのでしょう。イオン銀行のように貸出や金融商品の販売を行うには、サービスの提供スペースや販売ノウハウなどの観点からコンビニで行うことは現実的ではないといえます。

銀行業の参入でローソンはセブンイレブンに挑む形になりそうですが、ライバルはセブンイレブンだけではありません。コンビニの3強の一角であるファミリーマートが大きく立ちはだかりそうです。

ファミマは銀行業に参入してはいませんが、ATMは設置しています。ファミリーマートや金融機関が出資するイーネットが運営しています。2016年12月末時点で13682台のATMを設置しています。規模や形態はローソンに近いといえます。

ローソンと決定的に異なるのが、ファミマはゆうちょ銀行のATMを導入していることです。2014年11月から設置を開始し、ファミマの店舗約500店に「ゆうちょATM」を設置しています。手数料が365日いつでも無料なのが特長です。ゆうちょ銀行が保有する貯金残高177兆円(2015年度)を手数料無料で扱えるのです。

2017年1月からは、ゆうちょ銀行の小型ATM3500台を順次ファミマに設置していく方針です。また、2016年7月15日付47NEWSは「コンビニ3位のファミリーマートが、店舗内の現金自動預払機(ATM)のサービスを2018年にもゆうちょ銀行に一本化する方向で検討」と報じています。

ファミマにある1万3千台以上のATMがゆうちょ銀行のATMに代われば、ローソンは現状のATMのあり方では太刀打ちできません。そこで、ローソンは銀行業に参入することでサービスの強化を図り、ファミマにも対抗する意図がありそうです。

ローソンは銀行業に参入することで、セブンイレブンとファミマを追撃する態勢に入ったといえそうです。コンビニのATM戦争から目が離せません。

image by: Kuha455405 (WikimediaCommons)

 

繁盛店の法則がわかる教科書 (クリエイションコンサルティング) Kindle版

 

『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』

著者/佐藤昌司

東京MXテレビ『バラいろダンディ』に出演、東洋経済オンライン『マクドナルドができていない「基本中の基本」』を寄稿、テレビ東京『たけしのニッポンのミカタ!スペシャル「並ぶ場所にはワケがある!行列からニッポンが見えるSP」』を監修した、店舗経営コンサルタント・佐藤昌司が発行するメルマガです。店舗経営や商売、ビジネスなどに役立つ情報を配信しています。

<<登録はこちら>>

出典元:まぐまぐニュース!