15日、中国を代表する古都・陝西省西安市で、警察官が高級ホテルで研修を受けている。米ウォール・ストリート・ジャーナル紙は中国で政府機関が民間企業で研修を受けさせることは極めて珍しいと報じた。

写真拡大

2017年1月15日、参考消息(電子版)によると、中国を代表する古都・陝西省西安市で、警察官が高級ホテルで研修を受けている。米ウォール・ストリート・ジャーナル紙は中国で政府機関が民間企業で研修を受けさせることは極めて珍しいと報じた。

【その他の写真】

長安公安分局がSNSの公式アカウントに写真を掲載した。そこには警察官がホテルのフロントに立ち、従業員の扮する宿泊客を相手に、笑みを浮かべながら接客の練習や授業を熱心に受けている様子が写っている。

警察の旧態依然とした体質が問題視されることは少なくなく、この研修は警察官が自らの魅力を高めることを目的に、新たに西安市共産党委員会書記に就任した王永康(ワン・ヨンカン)氏が実施させたもの。

市党委員会ウェブサイトには、「われわれは常に人々のために働き、五つ星ホテル以上に周到なサービスを心掛ける」とする記事が掲載された。(翻訳・編集/岡田)