冬の谷中をぶらり散歩。テイクアウトできる甘酒ショップがオープン

写真拡大

麹ブームでふたたび注目を浴びるようになった、冬を代表する飲み物、甘酒。「飲む点滴」ともいわれるほど栄養分が豊富に含まれているので、健康や美容をサポートしてくれます。そんな甘酒を気軽にテイクアウトできるお店が谷中にオープンします。
甘酒が暮らしの「おさじ」役に
東京・谷中に2017年1月28日(土)にオープンする「OSAJI」は、甘酒をテイクアウトできるという目新しいコンセプトのお店。化粧品開発者、茂田正和さん考案のオーガニックコスメ&ライフスタイルブランドの名前が、店名になっています。
「OSAJI」の由来は、江戸時代、 将軍や大名に仕える医師が薬さじを使って薬を調合する姿を「おさじ」と呼んだところからきています。健康的な生活づくりに寄り添った「おさじ」でありたいという思いで名付けたそうです。
「OSAJI」は主にコスメを取り扱っているブランドです。そこになぜ甘酒のテイクアウトスペースを作ったのか。そこにはこんな理由がありました。
「肌を美しく保つには、コスメだけではなく、良質な睡眠や肌に良い食べ物を摂ること、ストレスを少なくすることが大事です。 そのことを伝えるのも『OSAJI』の役目だと考えています」
単にコスメを売るためではなく、本当の美と健康を手に入れてもらうためのブランドであることが、このコメントから伝わってきました。
初体験の甘酒が勢ぞろい
「OSAJI」で扱う甘酒は、米麹から作られるタイプ。生の濃縮タイプの甘酒を使い、甘すぎず、飲みやすいようにブレンドしています。お酒が入っていないので、お酒が飲めない人や、散歩の途中、仕事の合間にもいただけます。
メニューが特徴的なのも、「OSAJI」の甘酒の魅力のひとつ。「イタリア産マスカルポーネとレモンの甘酒」「宇治抹茶と黒蜜の甘酒ラテ」「フレッシュいちごヨーグルト甘酒」といった、ブレンド甘酒が揃っています。これらは、フランスでフレンチの修行したスタッフがメニュー開発をしているそうです。
美容効果をねらうなら生タイプで
甘酒に含まれる栄養分は、お通じや免疫力のサポート、保湿、美白、エイジングケア、ダイエットなどにも働きかけてくれるといわれています。
甘酒による美容へのアプローチは、複数の酵素が働くことによっておこなわれます。そのため「OSAJI」では、美容効果をより実感できるよう、加熱殺菌していない生の甘酒を60度以下で提供することも可能にしているそう。もちろん、熱々で飲みたい方には熱々を出してくれます。
体があたたまる甘酒を飲みながら、冬の谷中をぶらり散歩。またひとつ、新しいプチトリップの楽しみ方を見つけました。

「OSAJI 谷中店」
オープン日:2017年1月28日(土)
住所:東京都台東区谷中2-5-14 A区画
TEL:03-5834-8524