16日、イアリア北部パドバにあるチャイニーズレストランが、切断された二つの人間の足のように見える料理を客に提供していたとして物議を醸している。レストラン側は、客が持ち込んだ「熊の手のひら」を調理したものだと否定している。資料写真。

写真拡大

2017年1月16日、イアリア北部パドバにあるチャイニーズレストランが、切断された2つの人間の足のように見える料理を客に提供していたとして物議を醸している。レストラン側は、客が持ち込んだ「熊の手のひら」を調理したものだと否定している。環球時報が伝えた。

地元メディアによると、チャイニーズレストラン「Yi Ren Hia」で昨年11月、スロベニアから訪れた中国人ビジネスマンとその友人が持ち込んだ「熊の手のひら」が厨房で調理された。だがこの店のウェイターは、料理を客に出す前に違和感を感じたため撮影し、ソーシャルメディアに投稿。これが一気に拡散した。イタリアでは保護動物であるクマの捕獲や殺害が禁じられていることから、NAS(イタリア軍警察の反食品不正・衛生グループ)と地元警察が捜査に入った。だが賞味期限切れの食材などは確認されたが、熊肉の痕跡は見つからなかったという。

地元の獣医は「写真を見る限り、熊の手のひらだと100%証明できない。サルまたは他の動物の肢体である可能性もある。だが人間の足でないことは明らかだ。そうであるなら、指がもっと長くなければならない」と分析している。

レストランの経営者は、メディアに対し、「スロベニアでは熊の手のひらを食すことは合法かもしれない。客はスロベニアで購入したと話していた。だがこの騒動で客足が遠のき、商売は上がったりだ」と話している。(翻訳・編集/柳川)