じつに3年ぶり。ハワイ島で溶岩を見るなら、いまが絶好のチャンス!

写真拡大 (全5枚)

ハワイ島は、溶岩の流れが比較的ゆるやかで、近くで安全に流れる溶岩を見ることができる世界でも稀有なスポット。ハワイ島で溶岩を見るなら、いまが絶好のチャンス! 現在、海に流れこむ溶岩(オーシャンエントリー)を近くで見ることができるのです。

ダイナミックなオーシャンエントリーを体感

とはいえ、いつでも見ることができるわけではありません。とくに、オーシャンエントリーが見れるのは、じつに3年ぶりなのです! しかも、今なら歩いてアクセス可能。この機会を利用して、ハワイ島のダイナミックな自然を体感してほしいと思います。
溶岩を見るには、まずハイウェイ130号線を車で南下。舗装道路の終点まで行くと、アクセスに関する表示が出ています。オーシャンエントリーまでは、往復8.5マイル(約13.7Km)、ゆっくり歩いて片道2時間くらい。道は舗装されてない砂利敷きですが、山のトレイルに比べればはるかに歩きやすいです。
レンタル自転車もありますが、砂利道でけっこうアップダウンがあるので、慣れない人にはかえってつらいかも? 途中で自転車を乗り捨てている人を何人も見かけました。
溶岩を見るには夜がベストですが、慣れないトレイルを夜歩くのは大変だし、子ども連れだとなおさら大変。昼間でも溶岩は見えますし、夜ほど混雑していないので、昼間は意外とおすすめです。
準備を整え、ハワイの女神に会いに

絶対必要なのは、水! 水道はないので、多めに持っていきましょう。昼間、天気がよいと、かなり暑いので、帽子や日焼け止めも忘れずに。肌を守れるような服装で、しっかりした靴が基本です。
ひとつお願いしたいのは、溶岩にゴミや石を投げこんだり、持ち帰ったりしないこと。このトレイルは、途中から国立公園の敷地内になります。国立公園のものは、小石ひとつでも持ち帰ることは禁止されています。さらに、溶岩は、ハワイの女神ペレそのものと考えられているので、むやみに棒でつついたりするのは控えましょう。
熱い溶岩は、少し冷えると表面がパリパリと音を立て、皮がはじけるように、かけらが宙に舞うんです! 雨が降ると、シューシューと音を立て、水蒸気が立ちのぼります。女神ペレが、語りかけてくれているような気がしました。
[ハワイ・カウンティ,ハワイ火山観測所]