メルセデス・ベンツ、「メルセデス・マイバッハ S 650 カブリオレ」を全国限定4台発売(注文受付締切1月31日)

写真拡大

 メルセデス・ベンツ日本は、「メルセデス・マイバッハ S 650 カブリオレ」を発表し、注文の受付を開始した。納車開始は2017年第4四半期以降を予定。(全国限定4台、注文受付締切:1月31日)

<LAショー2015>
メルセデス・マイバッハ S 650 カブリオレは、2015年のロサンゼルスモーターショーでワールドプレミアとして発表した。ラグジュアリー4シーターオープンモデルのメルセデスAMG S 65 カブリオレをベースに、パフォーマンス、安全性、快適性はそのままに専用デザインを施している。

エクステリアは、フロント、サイド、リアの随所にクロームを採用、サイドビューは、ソフトトップを閉じた状態では美しいクーペスタイルとなる。ソフトトップの操作はセンターコンソールのスイッチを使って行い、時速50km/h以下であれば、走行中でも約20秒で開閉が可能、ソフトトップを閉める際にはトランク内で自動的に展開するラゲッジカバーに格納され、荷物がソフトトップにより汚れることを防ぐ機構がある。

ヘッドライトは、片側47個のスワロフスキークリスタルを組み込んだ専用LEDハイパフォーマンスヘッドライトを採用。

フロントフェンダーには丸みのある三角形の中に2つのMをあしらった"Maybach Manufaktur"(マイバッハ・マヌファクトゥーア)のエンブレムが装着され、専用の20インチ鍛造アルミホイールが重厚感のある輝きを放っている。

インテリアは、2013年のフランクフルトモーターショーで発表されたコンセプトカー「コンセプトSクラスクーペ」のアイデアを部分的に取り入れている。センターコンソール、フロントシート前面およびヘッドレスト後部、車両後部インテリアトリム、後席エアコンディショナーにはマイバッハのエンブレムを、ステアリング、カップホルダー上部、イルミネーテッドステップカバーには"MAYBACH"のレタリングが、カップホルダーカバーにクロームで仕上げた「1 of 300」のレタリングが施されている。

メルセデス・マイバッハ S 650 カブリオレのパワートレインには、メルセデスAMG 6.0リッターV型12気筒ツインターボエンジンを採用。最高出力463kW/630PS、最大トルク1,000Nmを発揮する。メルセデス・マイバッハS 650 カブリオレの希望小売価格(消費税込み)は、44,200,000円。

■メルセデス・ベンツ 公式サイト
http://www.mercedes-benz.co.jp/content/japan/

【ギャラリー】Mercedes-Maybach S 650 Cabriolet (13枚