16日、中国の掲示板サイトに、中国も日本のような食事の仕方を取り入れるべきと主張するスレッドが立った。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は中華料理。

写真拡大

2017年1月16日、中国の掲示板サイトに、中国も日本のような食事の仕方を取り入れるべきと主張するスレッドが立った。

中国では、食事の時に大皿に料理を盛り付けてから、それぞれが小皿にとって食べる方式である。しかしスレ主は、この方法は箸についた唾液が料理についてしまい、他の人がおかずを取る時には、他人の唾液も一緒に食べるようなもので不衛生だと指摘した。

大皿に盛り付ける方式は遅れた地域の食べ方であり、欧米や日本などの先進国ではみんな1人1人前が用意されるもので、衛生面とイメージの観点からも、大皿に盛り付ける方式はやめるべきだと主張した。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「日本人のこの点に関しては肯定できる。衛生面を考えたら反対する人はいないだろう」
「1人1人前の方が健康に良いことは間違いない。でも遅れているわけではない」

「1人1人前にしたら中国の美食文化が崩壊してしまう」
「現実的ではないな。中国人の食事はお腹いっぱいになるためというより社会交流だ」

「別に汚くはないよ。むしろ抵抗力が強くなっていい」
「あんなにたくさんのおかずを小分けにしたら、いったいどれだけのお皿を洗わなきゃなんだよ」

「やっぱり友人や家族と円卓を囲んで,みんなでおかずをつまみながらおしゃべりする方が楽しい」
「日本人は風呂に入るたびに湯船のお湯を取り換えるべきだ。みんなで同じお湯を使う正常な国家などない」(翻訳・編集/山中)