出会いがないけど恋がしたい!! 忙しい社会人の恋のはじめ方

写真拡大

出会いがないと嘆く社会人は多いものです。

しかし本当にそうでしょうか?
インターネットでも出会い情報が溢れる昨今、実はチャンスを見逃しているだけではないでしょうか?

この記事では、出会いがないと嘆く社会人に向けて、出会いを探す心構えや具体例を紹介します。

●「出会いがない」と嘆く割に、「出会いを求めている」人は多い

特定のパートナーがいない人は意外に多く、2016年9月に国立社会保障・人口問題研究所によって行われた「第15回出生動向基本調査」によると、特定のパートナーがいない女性の割合は約60%、特定のパートナーがいない男性の割合は約70%となっています。

しかし、それに反して、「いずれ結婚したい」と答えた女性の割合は約90%、男性の場合でも約85%と高い数値を叩き出しました。
世の中には、特定のパートナーがいない人が多く、しかも「いずれ結婚したい」という人が多いのです。

これは「出会いを求めている人は多い」 と言えます。

出会いを求めている人が多いということは、チャンスも多いということです。
今はインターネットもあり、出会いに関わるたくさんの情報も得られます。
出会いは探せますし、増やせるのです。

●出会いを増やす心構え

「出会いがない」と思っている間は、出会いがないものです。
出会いとは積極的に求めなければ得ることはできません 。

通勤中やたまたま入ったカフェなどで相手から声をかけられ、そのまま恋愛に発展……などという夢は捨てましょう。
声をかけてくるのは、せいぜいキャッチセールスや宗教の勧誘くらいのものです。

出会いを増やすには、それ相応の心構え が必要なのです。
以下では、その心構えをお伝えいたします。

●(1)出会いは待たずに探す!

「出会いを待っている」という受け身の姿勢で、今までどれだけの出会いがあったか思い返してみましょう。

その姿勢を続けていることで、これからどれだけの出会いがあるか考えてみましょう。
出会いは、自分から出会いに行かなければ得られない ものだと認識してください。

●(2)失敗にめげない

数回の失敗でめげないでください。

世の中にはたくさんの人間がいますし、人生は何日もあります。
たまたま1人の人間や、たった1日失敗しても、他の人間や他の日には良いことがあるかもしれません。
出会いを求める以上、失敗することも多いでしょう。

しかし、そこで諦めては再び「出会いがないと嘆く人」 に戻るだけです。

●(3)行動範囲を広げる

朝起きて仕事に行って帰って寝るという生活では、決まった人としか出会うことができません。

休日に家にこもって寝ているだけの人を、誰が好きになるでしょう。
そういった人は、必然的に出会いがなくなるのです。

休日はどこかに出かける、習い事を始める……。

なんでもいいです。
知らない世界に飛び込んでみましょう。

あなたの知らなかった世界で、今まで知らなかった人と出会えるでしょう。
自分の世界を広げる ことが、出会いにつながるのです。

●出会いを増やす方法

出会いを増やす心構えが出来たら、出会いを増やす具体的な方法を考えてみましょう。
大切なのは、行動範囲を広げる ことです。

今まで行ったことのない場所、新しく習い事、何かのイベント……そういった場所に出会いはあるのです。

●(1)習い事を始めてみる

『休みの日に、特にすることもないのでギター教室に通い始めました。意外にも女性も多く、音楽の趣味が合う人と出会えました。今ではライブやコンサートにも一緒に行ったりと充実しています』(35歳男性/会社員)

料理教室や陶芸教室、ギター教室といった場所に通うだけでも、出会いはあります。