東京オートサロン2017が開催された3日間、日産ブースでトークショーを行ったニスモとGT-Rのチーフプロダクトスペシャリストを兼任する田村宏志さん。ニスモとGT-Rの今後についても話をされました。

1

まず、ニスモのロードカーがどんどん認知され、街でも見かけるようになっています。さらにノートE-Powerニスモが加わりましたが、今後ニスモのロードカーをどんな方に乗ってもらいたいと思っているのか。そしてその戦略を話してくれました。

現在のニスモには、2つのコンセプトがあります。パフォーマンスシーカーといわれている従来型の「走りの大好きな人」向けのニスモ。そしてもう一つが、ハイライフシーカーと言って「ライフスタイルを追い求める人」にもターゲットを合わせようとするニスモだそうです。

この2つを軸にしてターゲット層を拡大し、ニスモの技術や形、考え方を多くの人に味わってもらいたいそうです。

田村さん自身、濃いパフォーマンスシーカーだっだそうですが、昔と違って、最近はハイライフシーカーの人も多く来場し、東京オートサロンもチューニングカーショーと同時にハイライフシーカー向けのカスタムカーショーという色合いも強まっていると考えているそうです。

そこで、メーカーとしても広がりを見せないといけないと思っているとのこと。昔は男の人だけ!男の車という感じでしたが、ニスモのロードカーはスパイスを利かせていて、外観だけでなく、インテリアでもシート、ステアリングを変更。そして細かい部分までニスモならではの味付けをしているので、おしゃれ感覚で見てもらいたいそうです。

トークショーの終盤では、多くの人が気になっている次期型GT-Rの話に及びました。まずは2017年モデルGT-Rの変更点について話をしてくれました。

2017年モデルのGT-Rで一番変わったところエアロパーツとのこと。パワーやトルクを上げたので、エンジンの熱量の増加に対して、もう少し冷やさないといけないということで開口部大きく開けたのですが、メリットだけではなく、デメリットもあるそうです。

大きな開口部によって確か冷却効果は上がるのですが、その一方で空力値が悪くなります。そこで、すでにGT-Rニスモが採用していたリアエンドのデザインを、空力バランスを全部やり直して2017年モデルのGT-Rにも採用したそうです。

しかし2017年モデルのGT-Rの特徴は、車体自体を変更していることで、フロントの剛性値とリアの剛性値を同じ数値になるように最適化したり、サスペンションのセットアップを変更するなど、見えない所にお金を投入してアップデートしたことだと話してくれました。

そして、次期型のGT-Rの話に及ぶと、今回2017年モデルを手掛けてわかったことは、このR35GT-Rですべきこと、成しえることがまだまだあるということがあるということだったそうです。究極のドライビングプレジャーを追求するうえで、R35GT-Rとしてはまだまだやるべきことは残っている。次期型なんて何も言うことはない。と締めてくれました。

スカイラインが好きで、チューニングも好きという田村さん。R35GT-Rが更なる進化の姿を見せてくれる日が待ち遠しいですね。

(萩原文博)

【関連記事】

【東京オートサロン2017】商品企画を担当する田村CPSが語る、ノートe-Powerニスモの魅力とは?
http://clicccar.com/2017/01/16/436914/

【東京オートサロン2017】商品企画を担当する田村CPSが語る、ニスモとGT-Rの今後とは?(http://clicccar.com/2017/01/16/436987/)