交通費を節約するため、帰省ラッシュにはバイク移動が目立つ(大紀元)

写真拡大

 中国政府はこのほど、今月末の旧正月(1月28日)からの大型連休の間に、帰省や旅行のために交通機関などを利用する人口が約30億人に達すると発表した。一方、交通費を節約するため、オートバイを使って帰省する出稼ぎ農民工が増えている。

 中国発展改革委員会の趙辰喨麁惨韻12日に行った記者会見で、「帰省ラッシュ期間中、全国交通機関利用者は昨年と比べて、2.2%増加の29億7800万人に達する」「鉄道利用者が最も多く、25億2000万人になる」と述べ、また農民工や旅行客などによる帰省ラッシュの期間は今月13日から2月21日までの40日間だとの見解を示した。

 帰省ラッシュ初日の13日、北京、上海、広州などの各鉄道主要駅では、すでに帰省客で溢れていた。鉄道チケットの需要が高いため、北京駅ではすでに正規価格より100元(約1700円)高い値段で転売する「黄牛(ダフ屋)」が現れた。

 しかし、数百元の交通費を節約するため、寒さに耐えてオートバイで帰省する農民工、いわゆる「鉄騎軍」が多くいる。

 国内メディアによると、広東省珠江デルタ地域だけで、約数十万人の出稼ぎ農民工がオートバイで、数百キロから千キロ以上も離れた広西省、湖南省、雲南省、貴州省の実家に帰ると報じた。

 中央テレビ電子版(1月14日)の報道では、広東省江門市から400キロ以上離れた広西省の実家にオートバイで帰る親子は、走行中に子供がオートバイから落下しないように、親がひもで子供と自分を縛り付け、また雨対策でレインコートを装着していたと農民工家族の帰省の大変さを伝えた。

 一方、15日から17日までに中度から重度の大気汚染が予測されている北京や天津、河北省などの一部の地域では、深刻なスモッグで可視距離が200メートル未満になる恐れがある。オートバイで帰省する農民工たちは寒さを耐え忍ぶだけでなく、大気汚染による健康被害や交通の危険性も冒さなければならない。

(翻訳編集・張哲)