「本能寺ホテル」の一場面 (C)2017 フジテレビジョン 東宝 ホリプロ

写真拡大

 1月14〜15日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。興収16.2億円をあげた「プリンセス トヨトミ」(11年)のメインキャストとスタッフが再結集したオリジナルの歴史ミステリー「本能寺ホテル」が初登場で首位を獲得した。全国282スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員16万7200人、興収2億0500万円を記録。これは「プリンセス トヨトミ」の興収比81.7%の成績となっており、最終興収15億円が見込めるまずまずのスタートを切った。

 依然として好調をキープしている「君の名は。」は、週末2日間で動員12万5000人、興収1億7000万円を記録。IMAXバージョンの上映がスタートしたこともあり、前週の3位から2位にランクアップし、累計興収は232億2500万円を突破した。

3位は「バイオハザード ザ・ファイナル」で、4位には「スーパー戦隊」シリーズの40作目「動物戦隊ジュウオウジャー」と過去のスーパー戦隊が勢揃いした劇場版「動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊」が全国322スクリーンで公開され、初登場でランクイン。前週首位に返り咲いた「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」は5位に後退している。

 ヒットを続けている「この世界の片隅に」は、前週の10位から8位に浮上し、10週連続10位内にランクイン。前週177まで増えたスクリーン数はさらに拡大し、累計で200スクリーンを超える見込み。1月10日に発表された「2016年第90回キネマ旬報ベスト・テン」で、日本映画部門1位を受賞するなど、さらなる追い風が吹いていることから、今後どこまで数字を伸ばすのか、引き続きその興行に注目が集まる。