(写真=チョ・スエInstagram)

写真拡大

韓国で圧倒的な支持を誇るメディアがある。有料放送チャンネル『JTBC』だ。

同メディアを代表する報道番組『ニュースルーム』は、あの崔順実スキャンダルを暴いた第一人者ともいわれている。

韓国を揺るがす一大スキャンダルを白日の下にさらしたメディアだけに、「受信料をJTBCにあげることはできないのか?」などという言葉が出るほど、韓国人から絶賛されているわけだが、JTBCが注目されている理由は他にもある。

端的に言えば、美人女子アナが多いのだ。

知的な美女アナウンサー三人娘

ここではJTBCを代表する3人の美女アナウンサーを紹介しよう。

【もっと写真を見る】美しすぎる韓国女子アナウンサー“JTBC三人娘”

まず紹介したいのは、カン・ジヨンだ。

1989年4月11日生まれの彼女は、中学時代にアメリカに留学。インディアナ大学ブルーミントン校ケリー経営学部卒業のエリートだ。

身長162センチで、趣味は音楽鑑賞や水泳。英語はもちろん、中国語も得意だという。

2011年にJTBCアナウンサーとして入社した。

知的美人はやはり人気が高く、「カン・ジヨン、女優を驚かせる美貌…“横顔も完璧”」「高校時代の写真公開“びっくりする美貌!”」といった見出しの記事が報じられるほどだ。

2016年11月21日のJTBC『政治部会議』に黒縁メガネをかけて登場したのだが、そのときもメガネ姿が似合うとネット上で大きな話題となった。

2000倍の競争率を勝ち抜いた美女

2人目はアン・ナギョンだろう。

2014年3月にJTBCアナウンサーとして入社したアン・ナギョンは、同年5月から朝のニュース番組を進行。現在は『ニースルーム』にも出演している。1月2日に放送された『ニュースルーム』では単独で番組を進行し、大きな注目を集めた。

1989年10月10日、ソウル生まれのアン・ナギョンは、淑明女子大学を卒業。高校も女子高に通っていたようだ。趣味は映画鑑賞と登山。

複数の韓国メディアによると、アン・ナギョンは2000倍の競争率をクリアしてJTBCアナウンサーとなったという。

172センチのすらりとした長身と、幼く見える顔立ちが人気の秘密だ。

連日かわいい美女アナウンサー

最も若いチョ・スエも外せない美女アナウンサー。

チョ・スエは1992年5月14日生まれ。弘益大学を卒業して、2015年にJTBCアナウンサーとなった。

前出のアン・ナギョンに比べると少ないが、1800倍という競争率を勝ち上がってきただけに、その美貌もすごい。

ピアノやバイオリン、フルートなどの楽器が得意で、大学在学中はチアリーディング学会の活動もしていたとか。その経験がカメラの前に立つうえで役に立っているそうだ。

カン・ジヨンやアン・ナギョンと同じく、チョ・スエの美貌もたびたびマスコミに報道される。

最近も野球場を訪れたときの写真をインスタグラムに上げたのだが、「チョ・スエJTBCアナウンサー、野球場でも輝く美貌に注目…“美貌が連日だ”」などと報じられていた。

今をときめくJTBCで、さらに輝きを放っている美女アナウンサー三人衆。JTBCは“スクープ力”だけでなく、“女子アナ力”でもトップクラスのようだ。

(文=S-KOREA編集部)