写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アイドルグループ・Hey! Say! JUMPの中島裕翔が16日、都内で行われた主演映画『僕らのごはんは明日で待ってる』大ヒット御礼舞台挨拶に、共演の新木優子、市井昌秀監督とともに登場した。

同作は、小説家・瀬尾まいこによる同名恋愛小説の実写化作品で、『箱入り息子の恋』の市井監督がメガホンを取った。無口な草食系男子・葉山亮太(中島裕翔)と明るいポジティブ系女子・上村小春(新木)の2人の7年にわたる恋と秘密を描く。

作品ヒット祝いに、青森県黒石市出身のゆるキャラ「にゃんごすたー」がサプライズで登場。にゃんごすたーは、ゆるめの外見から想像がつかない超絶技巧のドラムテクで話題となっており、ドラムを得意とする中島がいま一番会いたいキャラクターだったという。

登壇するなりドラムセットに座ったにゃんごすたーは、X JAPAN「紅」、そして同作の主題歌「僕らのために...」(ケツメイシ)を続けて演奏。中島も、にゃんごすたーのサプライズ登場に「ドラムが置いてあって、誰かくることは予想しましたが、まさかにゃんごすたーが来てくれるなんて」と心から驚いた様子を見せた。そしてにゃんごすたーについて「すごくかわいい! 生の演奏が聞けて嬉しいです。夢の一つが叶いました!」と興奮していた。

またイベントでは、4人が「これから叶えたい願いごと」を発表した。にゃんごすたーが「彼女ほしい」とフリップを見せると、中島は「意外と人間的! というか、にゃんごすたーはオスなんですね!」と新たな事実に反応。市井監督は「2人の息子が、太鼓が上達しますように」、新木は「海外旅行に行けますように」、中島は「これからもこの映画が愛されますように」と、それぞれの願い事を披露した。