画像:FOODsniffer. Always sniff before you swallow - YouTube以下、同じ

みなさん、自炊をするときに食材の鮮度に気をつけていますか?
筆者は、先日久々に自炊をしたところ、使った食材が傷んでいたらしく食あたりになってしまいました・・・。

食あたりのツライ経験をもう2度としたくなかったので、何かないかと調べてみたところぴったりな製品を見つけました。

『FOODsniffer』は、デバイスを食材に当てるとその食材の鮮度を測ってくれます。
測った結果は、連動させたスマホに表示されます。

「この食材、腐っていないかな・・・」と、食材の鮮度が気になったらFOODsnifferを使って鮮度を調べられます。
家庭に1台あれば、食中毒にかかってしまうのを回避できそうですよね。

食材の鮮度を3段階で教えてくれる

FOODsnifferは、デバイスとスマホアプリを連動させて食材の鮮度を3段階で教えてくれます。


食材が新鮮な場合

食材が新鮮な場合は、アプリ上でFRESHと表示されます。


新鮮ではないが傷んでもいない場合

黄色でCOOK WELLと表示された場合は、新鮮ではないがよく調理した方が良いというサインです。

生で扱わずによく火を通した方が良さそうです。


食材が傷んでいる場合

食材が傷んでいる場合は、SPOILEDと赤く表示されます。
食材が傷んでいるので、料理に使うのは止めた方が良さそうだと分かります。


FOODsnifferは、海外からの取り寄せとなります。購入すれば日本にも送ってもらえるので、欲しい方はぜひ購入してみてください!


FOODsnifferについてはこちら→ FOODsniffer