【詳細】他の写真はこちら

コンセプトだけど、普通に欲しくなりました。

日本では『ワーゲンバス』の名前でおなじみの、フォルクスワーゲンの『フォルクスワーゲン・タイプ2』。丸くてキュートなフロントや鮮やかなカラーリングが今でも人気です。そんな『ワーゲンバス』がまるで現代仕様になって蘇ったような、EVコンセプトカー『I.D. Buzz』が公開されました。



『I.D. Buzz』では、フォルクスワーゲン社が「MEB」と呼んでいるEVカーの共通プラットフォームを採用予定です。2020年に実際に導入予定の「MEB」は、シングルモーターによる後輪駆動、あるいはデュアルモーターによる4輪駆動が可能とされ、普段は後輪駆動で省エネ走行、雪道では4輪駆動で安定性向上など、いろいろな利用シーンに応じた走行を実現できるというもの。



フォルクスワーゲンでは、EVカーで多様な車のデザインが可能になると考えているようです。例えば従来ではエンジンが収納されている車のフロントの出っ張りをなくしたり、シートを自由自在にアレンジしたり、さらに前面のグリルを排除することで空気抵抗を減らしたりできるとしています。

また、今回のコンセプトではフロント部分にラゲッジスペースを搭載するといった提案もあり。



『I.D. Buzz』は同社の『ゴルフ』とほぼ同車格のクルマでありながら、セダンサイズの広々とした車内空間を実現。画像を見ると、まるで応接間のような車内空間がイメージされているのがわかります。



この『I.D. Buzz』、ならびにその前身となるコンセプトの『I.D.』では自動運転技術の導入も視野に入れられています。運転は完全自動運転とマニュアル運転を選択でき、マニュアル運転ではドライバーはヘッドアップディスプレイを装着しながら運転することになるのだそう。うーん、SFチック!



パワー面として想定されるスペックは369馬力で、0〜60マイル(時速約0〜96km)の加速が約5秒と、さすがEVと唸らせられるダッシュ力。また110kWhのバッテリーを搭載することで270マイル(約430km)の移動が可能です。たいていの利用シーンではこれだけの移動距離があれば十分というもの。さらに30分の無線充電にて80%までバッテリー容量を回復させることができます。

現在、フォルクスワーゲンは「MEB」プラットフォームを利用した3つのEVカーを開発中。そのうちの一つは『I.D.』のコンセプトを継承したものになり、その他の車種はSUVになる予定です。今回の『I.D. Buzz』の市販化については全く未定とされていますが、VWでは「2022年にはなんらかの発表があるかもしれない」との含みを持たせています。もし『I.D. Buzz』のような可愛らしいEVカーが登場すれば、人気沸騰間違いなしだと思いますよ!

文/塚本直樹

関連サイト



フォルクスワーゲン(公式サイト)

関連記事



笑っちゃう超・加速性能! フォルクスワーゲンのハイブリッド「GTE」が楽しすぎる

フォルクスワーゲン&アウディ編【スマホ時代クルマメーカーの逆襲(5)】

本当に本当!? フォルクスワーゲンが電気自動車を1月に発表するぞ