3年連続SUVで販売台数1位の「ホンダ・ヴェゼル」「トヨタC-HR」登場で2017年は危うい!?

写真拡大 (全7枚)

毎年マイナーチェンジを繰り返して商品力を維持

1.5リッターのNA仕様とハイブリッドをラインアップするホンダ「ヴェゼル」。2013年12月のデビュー以来、2014年暦年(1月〜12月)、2014年度(2014年4月〜2015年3月)、2015年暦年(1月〜12月)、2015年度(2015年4月〜2016年3月)とSUVカテゴリーの販売台数ナンバーワンであり続けてきた。

そして2016年暦年でもトップを守った。その販売台数は7万3889台、SUVカテゴリーのライバルといえる日産エクストレイル(5万6151台)、トヨタ・ハリアー(4万1403台)に大差をつけての3年連続トップだ。

その理由としては、車格・価格的にSUVカテゴリーのなかではリーズナブルで手が届きやすいことが挙げられよう。また、デザインコンシャスなスタイリングながら、リヤ開口部を広くするなどSUVとしての実用性を犠牲にしていないことも人気を支えている。

さらにデビュー以来、販売が好調なことにより、ブラッシュアップのリソースが確保できることも新鮮さを失わない理由だろう。何しろ2015年4月、2016年2月と毎年のようにマイナーチェンジを繰り返している。

とくに直近のマイナーチェンジではスポーティな「RS」グレードを新設したほか、単眼カメラとミリ波レーダーを用いた先進安全技術「ホンダセンシング」を搭載するなど市場ニーズに合わせたアップデートをしている。

ライバルC-HR登場で2017年はさらなる魅力のアップが重要だろう

しかし、そのヴェゼルにも強力なライバルが現れた。それがトヨタC-HRだ。1.2リッターターボと1.8リッターハイブリッドというパワートレイン、アグレッシブなスタイリングはヴェゼルの牙城を崩すポテンシャルを持っているようにも見える。

実際、2016年12月の月間販売台数を見ると、ヴェゼルが4907台、C-HRが4654台と僅差の勝負になっている。

とはいえ、ヴェゼルの価格帯はガソリンエンジン車で192万円〜239万円、ハイブリッドで227万円〜288万6000円。

対するC-HRは1.2リッターターボ車が251万6400円〜277万5600円、ハイブリッド車が264万6000円〜290万5200円となっている。

この価格差を考えると、ヴェゼルは優位に見えるが、SUVナンバーワンを守るにはこれまで同様に2017年にもマイナーチェンジによる商品力アップは必須といえるだろう。

※販売台数の数字はいずれも日本自動車販売協会連合会調べ