星野源さん『恋』が春の選抜高校野球の入場行進曲に決定! 応援席は恋ダンスがあふれるかも!?

写真拡大

2016年大ヒットを記録した、TBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』。主題歌であり、恋ダンスブームのきっかけを作った星野源さんの楽曲『恋』が、第89回選抜高校野球大会の入場行進曲に決定したのだそうです。まだまだ続いているようですねぇ、逃げ恥ブーム!

第89回選抜高校野球大会が開催されるのは兵庫県・阪神甲子園球場、開幕は2017年3月19日。選手たちが持つ「若さ」「ピュアさ」「爽やかさ」に、あの軽快なメロディーがぴったりマッチしそうな予感がします。

【吹奏楽界に旋風を起こしそう】

高校野球の入場行進曲に決まる。ということは ブラスバンド向けの楽譜が出回るということ。

ひょっとするとこれを機に『恋』を演奏する学校がグンと増えて、やがては吹奏楽コンクール課題曲になっちゃったりして!? そうなればこの曲、永遠のスタンダードナンバーになりますよね。ああ、可能性は無限大!

【ツイッターの声】

ファンにとって嬉しいニュースに、ツイッターユーザーも盛り上がっている様子。

「やっぱり来ましたね!!! そうなるんじゃないかと思ってました」
「源さん、やったね!!!」
「恋ダンスしながら入場……するわけないか」
「でも、見てみたい……ですね」
「入場行進曲だけでなく、攻撃回の応援曲にもなりそう。アルプススタンドで恋ダンスしながら『外野を超えてゆけ〜♪』って」
「私も行進したい!!」
「ブラスバンド部が演奏するので、さらに美しい音色でしょうね! こんなにセンバツが待ち遠しいのは初めてです」

【甲子園球場が『恋』一色に!?】

取り上げたコメントにもありますが、「球児たちには恋ダンスしながら入場してほしい」「スタンドで恋ダンス踊る姿が見られるかも」といった声が多く見受けられました。

さすがに踊りながら入場というのはないでしょうが、つい期待しちゃう気持ちは大いにわかるう! 一方スタンドでは、かなりの確率で恋ダンスを目にすることができそうな予感が。とくに、チアガールのみなさんは、振り付けなどに取り入れてくれそうな気がしまっす!

わくわく胸キュンなメロディーは、春というフレッシュな季節にもしっくり馴染みそう♪ 甲子園球場に『恋』が流れる瞬間が、今から待ち遠しいですねっ。

参照元:星野源オフィシャルサイト、Twitter @gen_senden
執筆=田端あんじ (c)Pouch

関連ツイートはこちら