写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●任天堂ゲーム史の継承者が登場
任天堂が次世代の家庭用据え置き型ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」を発表した。基本的に1家に1台の据え置き型ゲーム機の世界では、ソニーの「プレイステーション4(プレステ4)」が販売台数を順調に伸ばしている一方で、任天堂の現行機「Wii U」は前世代機の「Wii」に比べて販売台数が1割強と伸び悩む。家庭用ゲーム機の先駆者である任天堂は、次世代機で再び存在感を示すことができるのだろうか。

○3つのプレイスタイルを自由に“スイッチ”

ニンテンドースイッチの売りは、プレイスタイルを自由に切り替えて(スイッチして)遊べること。具体的にはテレビにつないで遊ぶ「TVモード」、タブレットのような本体にゲーム画面を映し出し、「Joy-Con(ジョイコン)」と呼ばれる小さなコントローラーで遊ぶ「テーブルモード」、本体にジョイコンを装着して携帯型ゲーム機のように遊ぶ「携帯モード」の3つのスタイルが選べる。発売は全世界同時で2017年3月3日、価格は日本で2万9,980円(税抜き)、米国では299.99ドル。2017年3月末までに全世界で200万台を販売する計画だという。

ゲームソフトは専用の「ゲームカード」を購入するかダウンロードして遊ぶ。本体容量32GBはゲームをダウンロードするには少ない印象だが、容量はマイクロSDカードで拡張できる。

○ゲーム機のアイデアを集約

「これまで任天堂が提供してきた、数々のゲーム機のDNAを受け継いでいる」。任天堂の常務執行役員でソフト開発の責任者を務める高橋伸也氏は、ニンテンドースイッチをこのように表現した。

任天堂が世に問うてきた家庭用据え置きゲーム機を振り返り、スイッチが何を受け継いでいるかを考えてみると、例えば「ファミリーコンピューター」からは2つのコントローラー(つまりは複数のプレイヤー)で遊ぶという概念を、「ゲームボーイ」からはゲーム機の携帯性を継承している。

「NINTENDO64」からは同機が世界で始めて導入したアナログ入力用スティックとコントローラーの振動機能を、Wiiからはコントローラーを振ったり捻ったりする遊び方を、Wii Uからはテレビの前から離れてもゲームをプレイできるという概念を受け継いだ。持ち運びに便利な“取っ手”が付いていた、時代を先取りし過ぎた存在ともいうべき「ゲームキューブ」からは、据え置き型ゲーム機なのに外に持っていけるという、ニンテンドースイッチ最大の特徴を引き継いでいる。

「常に娯楽を追求」(高橋氏)してきた任天堂は、新たなゲーム機を発表するたびにユーザーが驚くような遊び方を提示してきた。ニンテンドースイッチは、同社が歩んできたイノベーションの歴史を1台に凝縮したようなゲーム機だ。ここで気になるのは、このゲーム機が提示する、プレイスタイルをスイッチするという遊び方がユーザーに受けるかどうかと、実際にニンテンドースイッチが売れるかどうかだ。

●新しい遊び方の提案は受け入れられるか
まずスイッチする遊び方が受けるかどうか。そもそも、“家庭用据え置き型ゲーム機”を外に持ち出したいかどうかという点が問題なのだが、これは未知数というしかない。しかし、任天堂が新型ゲーム機で新しい遊び方を提示するのは今回が初めてではない。それどころか、同社は常に、それまでになかったゲーム機を世に問い続ける存在であったので、受けるかどうか分からないゲーム機を発売するということ自体が、同社らしい取り組みだと捉えることもできるだろう。

○Wiiユーザーの買い替え需要に期待?

つぎに、このゲーム機は売れるかどうかについて考えてみたいが、これについては、ニンテンドースイッチが既存の任天堂ファンを引き継げるかどうかと、同機が他社製ゲーム機のユーザーや非ゲーマーに訴求できるかどうかに掛かっている。

少なくとも任天堂は、現行機の「Wii U」について「近く生産を終了する」とアナウンスしている。このため、現在はWiiやWii Uで遊んでいる任天堂ファンは、買い替えのタイミングでニンテンドースイッチの購入について考えてみることになるだろう。

そんな時、既存ゲーム機で親しんできた「マリオ」、「ゼルダの伝説」、「スプラトゥーン」といったタイトルの新作をニンテンドースイッチで遊べるという事実は、購入を後押しする要素となりうる。もちろん、ローンチタイトルとなる「ゼルダの伝説 ブレス オブ ワイルド」のようなビッグタイトルに惹かれて、現行機の買い替え時期を待たずにニンテンドースイッチに乗り換える人も出てくるはずだ。

○任天堂ファン以外には訴求できるか

他社製ゲーム機からユーザーを引き込めるかどうかについて考えると、ライバルのプレステ4は全世界の販売台数が5,000万台を突破するなど堅牢なユーザー基盤を構築していることもあり、簡単ではなさそうだ。任天堂によるとWiiは1億台強、Wii Uは1,336万台の販売実績があるそうなので、まずは既存ファンの需要を喚起し、特にWiiユーザーの買い替えを促すことが急務となりそうだ。すでに他社のゲーム機を持っている人が、ニンテンドースイッチが提示する新たな遊び方に魅了され、2台目のゲーム機として同機を購入するケースも出てくるかもしれない。

非ゲーマーを取り込む時に重要になるのは、ゲームに親しんでいない人でも遊びたくなるソフトを用意できるかどうかと、ゲーム以外のコンテンツを充実させられるかどうかだろう。

●家庭におけるゲームの存在感を左右するゲーム機に?
ソフトについては、初心者向けの“入門編”を作ることについて任天堂ほど適した存在は滅多にいないという気がする。これは一例に過ぎないが、ポップな世界観で三人称視点のシューティングゲーム(TPS)を楽しめるWii U向けタイトル「スプラトゥーン」は、子供が購入したにも関わらず、その親がはまってしまうという現象を生み出していると聞いたことがある。このケースには、ゲームをしたことのない人でもプレイしたくなるソフトを生み出すヒントがありそうだ。

では、ゲーム以外のコンテンツは充実していくのだろうか。Wii Uでは、「ニコニコ動画」や「Hulu」といった動画配信サービスを楽しむことができたし、家庭用カラオケ機としての活用法もあった。

ニンテンドースイッチのゲーム以外のコンテンツは公開されていないが、任天堂は将来的に動画配信サービスに対応させる方針だという。タブレットのような形状で、液晶部分はタッチパネルになっているニンテンドースイッチの本体は、ゲーム以外の用途でも色々な仕掛けが工夫できそうだ。任天堂のアイデアに期待したい。

○モバイルゲームが主流になったゲーム産業

発売前でもあり未知数な部分も多いが、ニンテンドースイッチがWiiのようなヒット作となれば、家庭用据え置き型ゲーム機の覇権争いが盛り上がるのは確実だ。しかし、任天堂の新型ゲーム機には、ゲーム産業全体を拡大させるような方向性も期待したいところだ。

カドカワのゲーム総合情報メディア「ファミ通」が「ファミ通ゲーム白書2016」を発刊する際に出したプレスリリースを見ると、世界のゲーム産業の市場規模は、スマートフォン向けのいわゆるモバイルゲームが伸張していることもあって、2015年は前年比で約25%増の8兆2,667億円と拡大している。その内訳は、家庭用およびPC向けパッケージゲーム市場が1兆3,080億円であるのに対し、モバイルゲーム、PC配信ゲーム、家庭用ゲーム配信を足し合わせたデジタル配信ゲーム市場は6兆9,587億円と圧倒的な差がある。

日本国内市場の推移はどうかというと、やはり全体の規模は拡大しているが、伸びているのは「オンラインプラットフォーム」のみで、「家庭用ソフト」と「家庭用ハード」のカテゴリーは縮小を続けているのが現状だ。この流れを受けてか、任天堂もソニーもモバイルゲーム事業への参入を決めており、任天堂については「スーパーマリオ ラン」の投入が記憶に新しい。

人気のIP(知的財産)を大量に抱える任天堂が今後、スマホ用ゲームを大きなビジネスに育て上げる可能性は十分にありそうだ。しかし、任天堂が提供する娯楽の本流は、あくまで家庭用ゲーム機にあるような気がしている。ファミコンでゲームの裾野を広げ、いまや8兆円を超えるまでに拡大したゲーム市場に礎石を据えた任天堂。ニンテンドースイッチでは、プレステ4に押され気味の「家庭用ハード」市場で存在感を取り戻すだけでなく、「家庭用ゲーム」全体の市場規模を底上げし、家庭におけるゲームの存在感そのものを再定義するような展開を期待したいところだ。

(藤田真吾)