ドラえもん&のび太が南極へ! (C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2017

写真拡大

 「ドラえもん」の長編映画シリーズ37作目「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」の公開を記念し、同作のキャラクター・ドラえもん&のび太が、物語の舞台となる南極へ向かう旅に出ていたことが判明。アルゼンチンを経由し、サウスジョージア島をまわりながら船旅に出たドラえもん一行は1月9日(現地時間)、南極への上陸に成功した。

 「千と千尋の神隠し」では監督助手を務めた高橋敦史が監督を務める今作は、原作者の藤子・F・不二雄氏の得意とする“S(すこし)F(ふしぎ)”な要素をふんだんに盛り込んだ大冒険が展開。南極に来たのび太たちが、氷漬けになっている不思議なリングを発見したことをきっかけに、氷の下に閉ざされた巨大な都市遺跡にたどり着く。

 ゲスト声優として参加するフィギュアスケーターの織田信成と浅田舞から「宣伝よろしくお願いします。南極のお土産も待っています(笑)」(織田)、「南極のお話を楽しみにしていますね」(浅田)と応援コメントを受けたドラえもんらは、2016年12月26日にアルゼンチン・ブエノスアイレスに到着。諸外国に日本のアニメの魅力を伝える「アニメ文化大使」に任命されているドラえもんは、現地の子どもたちと交流。オリジナルダンス「パオパオダンス」を披露し、子どもたちを笑顔にした後、世界最南端の都市・ウシュアイアから南極へ向けて船で出発した。

 17年の初日の出を太陽の沈まない海上で迎え、さらに道中で立ち寄ったサウスジョージア島のペンギンたちと記念撮影。やがて、日本から約1万4000キロも離れた極寒の地・南極へ到達したドラえもんとのび太。上陸後は、事前に子どもたちから寄せられていた「ペンギンは走るのと滑るの、どっちが速い?」「南極に人は住んでる?」などの疑問を解決するために奔走した。この模様は1月27日から、毎週金曜日午後7時のレギュラー放映(テレビ朝日)内にて、「南極大冒険クイズ」のタイトルで放送される。

 「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」は、17年3月4日から全国順次公開。