写真提供:マイナビニュース

写真拡大

BBIXは1月16日、東アジアとアメリカ西海岸を最短距離で中継する「BBIX東京第6センター」を千葉県南房総市に開設し、2017年4月からIXサービスの提供を開始すると発表した。月額料金や初期費用は要問い合わせ。

東京第6センターは、ソフトバンクが所有する千葉県南房総市の海底ケーブル陸揚げ局「ソフトバンク丸山国際中継所(丸山CLS)」にBBIXが新たに設置するIXセンター。インターネットサービスプロバイダー(ISP)やクラウドサービス事業者、データセンター事業者、企業などを対象に、顧客間で大容量のトラフィック交換を行うための相互接続を実現する「IXコネクトサービス」を提供する。

東京第6センターが入居する丸山CLSは、東アジアと米国西海岸を結ぶ大圏航路上に立地するため、アジアでも有数のハブ中継局として多くの海底ケーブルが陸揚げされている。だが、これまではワンストップで海底ケーブルからIX接続が可能なサービスの提供がなかったため、アジアを拠点とする多くのインターネット事業者は、香港や米国西海岸でトラフィック中継を行う状況だった。

今回、東京第6センターと、国内外の100社を超えるインターネット事業者が接続するBBIXの東京都内5カ所のIXセンターを、100Gbpsの広帯域回線で直接接続。太平洋を横断してのトラフィック交換を希望する米国、香港、シンガポールのインターネット事業者は「東京第6センター」で国際間接続IXサービスを利用しての相互接続が確実かつ効率的に可能となり、接続品質の向上とコスト削減が見込まれるという。

(山本明日美)