その褒め方間違っているかも!男のプライドを傷つけるNG褒めワード

写真拡大



こんにちは、コラムニストの愛子です!

褒めたつもりだったのに、相手の男性があまり嬉しそうじゃなかったという経験はありませんか? 実は女性が褒めるポイントって、男性からするとちょっとズレていることもあるそうです。

そこで今回は、プライドが傷ついた女性からの褒め言葉について、20代男性に聞いてきました!

■1.〇〇に似ている

「誰かに似ているって言われるのはイヤかな。たとえイケメン俳優だったとしても。オレはオレだからって思う。誰かに似ているとかじゃなくて、自分自身のことを褒められたい」(27歳/DJ)

女性は、美人な芸能人に似ていると言われれば嬉しいことが多いかと思います。しかし男性は違うそうです。中には、誰かに似ていると言われても「別にイヤだとは思わない」という男性もいましたが、「嬉しい」と感じる男性はまれなよう。男性は、唯一無二の存在でいたいという気持ちが強いのかもしれませんね。だからいくらイケメンであろうと、誰かと似ていると言われるのは不愉快なのです。もし出会った男性が大好きな芸能人に似ていたとしても、本人には伝えないほうがいいでしょう。

■2.髪型を変えたときに言われる「前よりイイね!」

「似合うねって普通に言ってくれればいいのに、前よりって付けられると、前が良くなかったってこと? って気になる」(25歳/飲食関係)

たしかに「前より」は余計な一言かもしれません。男性は女性が考えている以上に繊細な生き物。女性からの何気ない一言を、ずっと気にしていることもあるのだとか。もし以前と比較するのなら、「前も良かったけど、今のほうがもっとイイね!」と言ってあげてください。

■3.家庭的な雰囲気でイイね

「家庭的って言われると、男として見られていない気がしてイヤだ。それなら遊んでそうとかチャラいって言われるほうがずっといい。似ている言葉でも、一途そうや優しそうならOK」(29歳/保険)

女性は「家庭的」と言われると嬉しい方も多いかと思います。結婚願望の強い女性にとっては、男性が「家庭的」であることは、カレシ候補の条件に入るくらい重要なポイントかもしれませんね。だから、お世辞ではなく本気で褒めているケースも多いはず。しかし男性は、「安全パイ」と言われている気がして面白くないんですって。多くの男性は、「危険な男」に見られたいようです。だから意外と「遊んでそう」が褒め言葉になることもあるみたいですよ。

またよく似た言葉でも、「一途そう」や「優しそう」なら、男として意識されたうえで中身を褒められている感じがするからイヤではないのだそうです。

■4.若く見えるね

「20代の男にとって、実年齢より若く見えるっていうのは褒め言葉じゃないと思う。たぶん、40代くらいまではあんまり嬉しくないんじゃないかな。未熟って言われている気分になるんだよね」(29歳/金融)

女性も10代の頃は実年齢より若く見られると、子どもっぽいと言われたみたいでイヤだったのではないでしょうか? 女性は20代後半くらいから若く見られることを喜ぶ人も増えますが、男性がそうなるのはもっと年を重ねてからのよう。人によって若く見られることを嬉しく感じる年齢は違いますが、少なくとも20代〜30代前半の男性に「若く見える」は褒め言葉にならないと心得ておいたほうがいいでしょう。

■おわりに

理由を聞いてみると納得できるものが多かったのではないでしょうか。女性にとっては褒め言葉のつもりでも、男性はそれに傷付いたり腹が立ったりしていることも、けっこうあるようです。気を付けましょう。 (愛子/ライター)

(ハウコレ編集部)