イチジク製薬のアドトラック助手席

写真拡大

製薬メーカーのイチジク製薬(東京都墨田区)は2017年1月1日から、若い女性にイチジク浣腸と便秘解消の大切さを訴えるアドトラックを東京と大阪の繁華街で走らせている。

トラックの側面に描かれているのは、浣腸容器をアレンジしたイラストと「初日の『出』」と「(便を)『出』しましておめでとうございます」のコピー。運転手席と助手席のドア部のイラストは、車内の人が黄金の便器に座っているかのよう。しかも男性の誰もが振り返りたくなる美女――各大学のミスキャンパスメンバーで構成するメンバー――が、助手席に座っている。

ミニカーのプレゼント企画も実施中

15年に創業90周年を迎えた同社は、1月19日を「イチ(1)ジク(19)浣腸の日」と定め、同年6月に日本記念日協会により記念日の登録を受けた。浣腸はとかくネガティブな印象がつきまとう。そんなイメージを払拭するため、同社は昨年に引き続いてアドトラックを運行する。

16年7月に同社は、各大学のミスキャンパスメンバーで構成する「キャンパスラボ」と提携し、スッキリ快適な毎日を過ごすための啓蒙活動「カラダの中からキレイラボ」をスタートした。キャンパスラボメンバーのアドトラック乗車は、キレイラボの一環として行われているというわけだ。16日〜19日の運行スケジュールは下記の通り。運行最終日は東京が19日、大阪が20日とそれぞれ異なる。走行時間帯は前半が12時〜15時、後半が16時〜19時。

【東京】
◇16日...前半/秋葉原・神田、後半/渋谷・原宿・表参道
◇17日...前半/浅草・スカイツリー、後半/渋谷・原宿・表参道
◇18日...前半/新宿、後半/渋谷・原宿・表参道
◇19日...前半/銀座・丸の内、後半/渋谷・原宿・表参道

【大阪】
◇16日...前半/ミナミ(心斎橋・難波周辺)、後半/キタ(梅田周辺)
◇17日...前半/キタ(梅田周辺)、後半/ミナミ(心斎橋・難波周辺)
◇18日...前半/ミナミ(心斎橋・難波周辺)、後半/キタ(梅田周辺)
◇19日...前半/キタ(梅田周辺)、後半/ミナミ(心斎橋・難波周辺)
◇20日...前半/天満橋OMM周辺、後半/キタ(梅田周辺)

アドトラック企画を担当した実践女子大学の軍司莉奈さんは、次のように意気込みを語った。

「今年度も『カラダの中からキレイラボ』プロジェクトとして、イチジク浣腸を知らない若い人や、ネガティブな印象を持っている方に対して、イチジク浣腸の存在や便秘解消の大切さを知ってほしいと思い様々な企画を行ってきました」
「アドトラック企画としては、昨年同様、皆様の記憶に残るような、面白く斬新なデザインを考え提案させていただきました。また私たちと同世代の若い方にも興味をもっていただけるよう、私たちが自らアドトラックに乗って走行し、便秘解消の大切さをアピールして回っており、街で見かけた人からたくさんの反響をいただいています。年末年始と飲み会が多く腸内環境が乱れてしまった方や腸をスッキリさせたい方、便秘に悩んでいる方がアドトラックを見て、便秘解消への一歩を踏み出していただけたらと思います」

本キャンペーンはプレゼント企画も用意されている。イチジク製薬公式Twitterアカウント(@ichijikuseiyaku)をフォローし、ハッシュタグ「#イチジク浣腸アドトラック2017」をつけて投稿した人の中から抽選で119人に、「イチジク浣腸アドトラックミニカー」をプレゼントする。応募期間は1月31日まで。詳しくは同社PRページ参照。