タイの航空ショーで戦闘機が墜落炎上(出典:http://globalnews.ca)

写真拡大

1月の第2土曜日はタイの「子供の日」。子供たちに楽しんでもらおうと、南部のハートヤイ郡(=ハジャイ)にあるタイ王国空軍(Royal Thai Air Force)の基地が主催した航空ショーで悲劇は起きた。バランスを崩した機体は地面に真っ逆さまに吸いこまれていったという。

【この記事の動画を見る】

14日に行われた空軍主催のその航空ショー。大勢の家族連れがにぎわった中で1機の戦闘機が墜落、炎上し、パイロットの死亡が確認されたことを『stuff.co.nz』が伝えている。

タイ国防省の広報官はこの事故でパイロット1名が死亡し、現在事故の原因について調査が進められていることを発表した。事故機はJAS 39 Gripenで、パイロットは展示飛行チームのDilokrit Pattavee隊長(34)とのこと。プラユット・チャンオチャ首相も遺族への哀悼の意を表している。

こちらはYouTubeに“Shocking: Fighter jet crashes at airshow for children in Thailand, pilot dies”というタイトルで投稿されたその動画である。戦闘機はある瞬間に機体をひるがえすと真っ逆さまに急降下。墜落して巨大な赤黒い煙が上がると見学者から大きな悲鳴があがっている。

出典:http://globalnews.ca
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)