ブラックマジックデザイン、「アニメ・エキスポ」のビデオ撮影にURSA Mini 4.6Kが使われたことを発表

ブラックマジックデザインはアメリカ・ロサンゼルスで開催された「アニメ・エキスポ」の2016年コンベンションにおいて、同社のURSA Mini 4.6Kがインタビューやライブパネル、マーケティングビデオの撮影に使用されたと発表した。

「アニメ・エキスポ」は非営利団体である日本アニメーション振興会(SPJA)が主催する北米最大のアニメコンベンションで、2016年は10万人を超える参加者を集めた。1992年の開始以来、アナハイム、サンノゼ、ニューヨーク、東京などで行われ、2008年以降は毎年ロサンゼルス・コンベンション・センターで開催されている。

このエキスポのマーケティング、プロモーション、撮影をすべて担当したのは、南カリフォルニアの制作会社HALOのCEO兼制作総指揮を担うアーロン・グリーン(Aaron Green)氏だ。グリーン氏はエキスポで仕事を始めて以来6年間、毎回さまざまな製品を使ってきたが、2016年のワークフローの中心にはURSA Mini 4.6K EF、Blackmagic Studio Camera 4K、ATEM Production Studio 4K、MultiView 16を含むブラックマジックデザイン製品を使用することに決めた。

「ブラックマジックデザイン製品のワークフローと最終出力は、私がこれまで使ってきた他社製品と同じくらい優秀です」と同氏は語る。「URSA Mini 4.6Kは、あらゆる面で完璧でした。ハンドルの形状が特に気に入りましたし、開閉式ビューファインダーも素晴らしいですね。インターフェイスは他のカメラより優れており、特に忙しい環境で働いている時に重宝します。状況に応じて素早く設定でき、特にフレームレートが変えられるコントロールがひじょうに良かったです」

グリーン氏とそのスタッフは、三脚やステディカムにBlackmagic Studio Cameraを取り付けてフッテージをProResで撮影し、状況に応じてURSA Mini 4.6Kも使用した。このフッテージはコンベンションの会期中に複数のテレビ局で放送され、アニメ・エキスポのソーシャルメディアチャンネルやアニメのストリーミングサイトである「crunchyroll.com」でも公開された。グリーン氏は1時間ごとにフッテージを取り込み、SNSや海外向けの放送用のビデオ制作のための編集を行なった。

「ライブの雰囲気を出しながらもシネマルックを目指していたのですが、ブラックマジックデザインの製品のおかげで狙い通りの映像が制作できました。期待を上回る性能でした」とグリーン氏。また、ATEM Production Studio 4KやMultiView 16などの製品との極めてスムーズな統合性も同氏は評価した。これらの機器は、ライブパネルやコンサートの撮影の際にURSAおよびBlackmagic Studio Cameraと組み合わせて使用された。

「コンバーターボックスをすべてに取り付ける必要がないのが良いですね。ブラックマジックデザインの製品は組み合わせて使用した時に互いに相性が良く、ラップトップでスイッチャーがコントロールできたので作業が楽に行えました。Blackmagic Studio Cameraも使いやすく、ビューファインダーのおかげで撮影中にディテールを細かく確認できました。操作の簡単さは我々にとってすべてですから、ブラックマジックデザインの製品はそういう点でひじょうに評価しています」と同氏は締めくくった。

●ブラックマジックデザイン
https://www.blackmagicdesign.com/jp/