写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソニーは、スポーツクラブを運営するルネサンスの協力のもと、ラケット装着型センサー「Smart Tennis Sensor(スマートテニスセンサー)」で収集したデータを活用したテニス上達支援システム「スマートテニスレッスンシステム」を開発。2017年4月よりルネサンスが運営する全国のテニススクールで「スマートテニスレッスン」としてサービスを順次開始する。

「スマートテニスレッスン」で使用されるSmart Tennis Sensorは、対応ラケットの底部に装着するセンサーがプレイヤーのショット回数、スイングスピード、ラケットのインパクト位置などの情報を「振動解析技術」によって解析、収集するセンサーでスマートフォンと2014年5月の発売以来、バージョンを重ねた改良を加え続けている。センサーからはBluetooth経由でAndroid/iOS端末アプリに送信されスマートフォンで見やすく可視化されデータを閲覧できる。

今回、全国100カ所以上でスポーツクラブ事業を展開するルネサンスの協力のもと開発された「スマートテニスレッスンシステム」では、SSE-TN1Sで収集したデータに加えて、テニスコートのネットポスト上にカメラを設置して、プレイヤーの動きを映像で録画。コートサイド設置した閲覧用タブレット端末や手持ちのスマートフォンで確認でき、データをもとにコーチから具体的なアドバイスを受けられる。記録されたデータは、プレイヤーがレッスン修了後のチェックにも活用可能で、オンコート/オフコートで繰り返し、自身のプレイを確認できるようになる。「スマートテニスレッスン」を導入するルネサンスは、1979年にテニススクールからスタートした歴史を持ち、企業法人向けの健康ソリューションも展開、企業の健康経営を支援するプログラムの提供なども行っている。

(竹中貴一)