『天使のいる図書館』の完成報告会見に登壇した小芝風花、横浜流星、ウエダアツシ監督

写真拡大

小芝風花主演の心温まるヒューマンドラマ『天使のいる図書館』(2月18日全国公開)の完成報告会見が、1月16日に東京都北区立中央図書館で開催され、小芝、共演の横浜流星、ウエダアツシ監督が登壇。小芝たちは大女優の香川京子との撮影エピソードを語った。

【写真を見る】可憐!小芝風花の全身ショット

小芝は香川との共演シーンで、感情を爆発させる演技が上手くいかずとても焦ってしまったそうだ。「私が現場をストップさせてしまって。ちょっと時間がかかっちゃったのですが、その時に香川さんがくり返し、台詞をずっと言って下さって。優しい人で、現場を包み込んでくださった。もう感謝しかないです」。

横浜も「孫のように優しく話しかけてくださった。大先輩なのに、僕らのことも気にかけてくださって。僕はおばあちゃんみたいな感じで、一方的に好きになってしまいました」と興奮しながら語った。

ウエダ監督も「日本を代表する映画女優さん。自分の地元である奈良県でお芝居をしていただいたことは、監督人生においても大きなものになりました。休憩中に、溝口健二監督や黒澤明監督などの巨匠のお話をしてくださるんですが、僕だけが聞いてていいのかなと、気が引ける思いでした」と恐縮した。

『天使のいる図書館』は、美しい景観に恵まれた神話の里・奈良県葛城地域を舞台にした人間ドラマ。図書館の新人司書である吉井さくらが、図書館に来た老婦人との出会いを経て成長していく。『リュウグウノツカイ』(14)、『桜ノ雨』(16)のウエダアツシ監督がメガホンをとった。【取材・文/山崎伸子】