YG、青少年のための進路特別講義を開催…YG所属作曲家らが集結

写真拡大

YG ENTERTAINMENTが青少年の進路の悩みを解決するための特別講義を開催した。

YG ENTERTAINMENTが設立した非営利財団であるムジュYG財団とソウル市立青少年メディアセンターが共同企画した人材育成プロジェクト「YG Director Project」は、1月14日ソウル龍山(ヨンサン) 区にある青少年メディアセンターで進路特別講義を行った。

今回の講義はYG所属のカン・ウクジン作曲家とチョ・ヨンハクデザイナーが講師となって、エンターテインメント産業について語った。カン・ウクジン作曲家はBIGBANG、WINNERなどYGの主要アルバムを手掛けた作曲家で、昨年YGディレクタープロジェクトの進路講師となった。また、チョ・ヨンハクデザイナーはBIGBANGの「M.A.D.E」プロジェクトと楽童ミュージシャンの「思春期」、BLACK PINKなどのYGのアーティストのプロモーション担当として進路講義を行った。

今回の講義は教育の機会を拡大するために、プロジェクト第1期、第2期の参加者46人と共にプロジェクトに応募した青少年25人と行った。講義に関する内容はソウル市立青少年メディアセンターのホームページとブログで確認することができる。

今年で3年目となる「YG Director Project」は、メディアエンターテインメント産業職群のうち、アートディレクティング、作詞、作曲分野に才能と情熱はあるが、教育の機会がなかった青少年を選抜し、専門教育と活動を全額無料で支援する進路支援プロジェクトだ。