「被告人」 ポスター3バージョンを公開…チソンVSオム・ギジュンの「善悪対決」に期待高まる

写真拡大 (全2枚)

SBS新月火ドラマ「被告人」がポスターを公開した。

ポスターだけで視線をとらえる力、ドラマへの期待はさらに熱くなった。

韓国で16日に公開された「被告人」(脚本:チェ・スジン、チェ・チャンファン、演出:チョ・ヨングァン) ポスターは、絶望の中でも希望を芽生えさせる主人公パク・ジョンウ(チソン) のストーリーを表現した1人バージョン、“正義の検事”パク・ジョンウと“衝撃的な悪魔”チャ・ミンホ(オム・ギジュン) の激しい対立を予告した2人バージョン、そして、それぞれの事情と目的を抱いて良縁、あるいは悪縁を結ぶパク・ジョンウ、チャ・ミンホ、ソ・ウネ(少女時代 ユリ)、カン・ジュンヒョク(オ・チャンソク)、ナ・ヨンヒ(オム・ヒョンギョン) の姿を盛り込んだ5人バージョンと、計3つのバージョンだ。

パク・ジョンウの1人バージョンは、独房に閉じ込められて世の中とつながった唯一の通路である窓だけ見つめる彼の姿が写っている。愛する人々をすべて失い一人残された横顔から、深い孤独と寂しさが感じられる。しかし、幸いなことは窓の隙間から入る光が彼にまだ希望が残っていることを象徴的に見せてくれるということだ。

パク・ジョンウは巨大な陰謀に巻き込まれて娘と妻を殺した殺人犯の濡れ衣を着せられ、殺人事件が起きた当時から4ヶ月間の記憶を失う。ポスターに書かれた「希望は絶対消えない」というコピーは、世の中で一番過酷な濡れ衣を着せられたが、最後まで諦めずに希望を追っていくパク・ジョンウの反撃とどんでん返しを期待させる。

チソンとオム・ギジュンの2人バージョンは強烈かつ魅惑的だ。監獄の窓格子を挟んだ二人は真実と嘘、正義と腐敗の対決と代弁されるパク・ジョンウとチャ・ミンホの関係を明快に示している。最初は濡れ衣を着せられたパク・ジョンウが監獄に入ることになるが、パク・ジョンウが残忍な運命をどのように乗り越えて絶対悪チャ・ミンホとそれぞれの立場を変えるかに注目が集まっている。

パク・ジョンウを中心に良縁あるいは悪縁を結ぶ主人公たちの姿が写った5人バージョンはさまざまな眼差しの衝突が印象的だ。必ず監獄から脱出して真実を見つけたがるパク・ジョンウと、彼を全力で助ける国選弁護士ソ・ウネの眼差しからは決然とした意志が感じられる。一方、警戒心溢れるチャ・ミンホの眼差しと、友人と検事の間で葛藤するカン・ジュニョクの不安な眼差し、確かな目的を持って本音を隠しているナ・ヨンヒの眼差しなどは複雑に絡んだ彼らたちのストーリーに対する好奇心を高める。

「被告人」は娘と妻を殺した濡れ衣を着せられた検事パク・ジョンウが失われた4ヶ月間のために闘争する記録であり、すべての人々を騙した衝撃的な悪人チャ・ミンホを相手に繰り広げられる復讐物語。今月23日(月) の午後10時より放送が開始される。