写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●同時多発的、分散イベントを仕掛けるApple
Appleは2016年の暮れ、Apple Watchユーザーに対して、ある通知を一斉送信した。

「謹賀新年アクティビティチャレンジ」と題されたこの通知は、2017年1月の月曜日から日曜日までの1週間、ムーブ、エクササイズ、スタンドの3つのリングを毎日完成させよう、というものだ。このチャレンジを達成すると、「2017」の文字が象られた特別なバッジを手に入れることができる。

1月1日は日曜日であるため、今回のチャレンジは1月2日からスタートする。特に登録などは必要なく、Apple Watchユーザーなら誰でもこのチャレンジに参加していることになる。一方的にチャレンジへの参加を要請された状態だ。

しかしゲーミフィケーションとは面白いものだ。筆者は誰かと競っているわけではないし、無意識でもこのチャレンジに引きずり込まれているわけだが、達成したくなってくる。例えばちょっとエクササイズの時間が足りなかったら、ウォーキングで一回りしてこよう、家でストレッチをやろうとか、仕事中になるべく席を立つ時間を作ろうとか、意識するものだ。

結果、1月8日に、このチャレンジを達成することができ、2017バッジを獲得した。ちなみに贈られた特別なメダルは、iMessageのステッカーとして利用することができる。

なお、達成は月曜始まりの1週間で判定される。そのため、もし今からはじめるなら、1月16日から、そして1月23日からの2週分のチャンスが残されている。

Apple Watchのアクティビティトラッカーを用いたイベントは、今回が初めてではない。2016年の感謝祭当日の11月24日に、ウォーキングもしくはランニングのワークアウトで5kmを達成する、というゴールが設定され、成功した人には七面鳥と「5km」を象ったバッジが贈られた。アメリカでは3.1マイルと言わないと距離が分からないと思うが。

今回の新年のイベントとは異なり、Apple Watchのワークアウトでウォーキングやランニングを選んだり、iPhoneのヘルスケアアプリに記録できるワークアウトアプリを使う必要がある。

おそらく今後も、Apple Watchユーザー向けに、体を動かすことを促すイベントを仕掛けていくことだろう。このイベントが面白いのは、Apple Watchユーザーなら誰でも、同じ条件で参加することができる点だ。同じ場所に集まる必要もない。

道行く人全てがスマートウォッチを所持しているわけでもないし、その全てがApple Watchというわけでもない。また、普段からApple Watchのリングを完成させるよう心がけている人や、ジョギングを日課にしている人にとっては、行動の変化もない。

表だって、何か変化が起きるわけではないが、チャレンジに成功した人は、非常に個人的な達成感を味わって、また次の日からの生活を送ることになる。

●Pokemon GO現象とApple Watchチャレンジ
「Pokemon GO」がリリースされ、米国の公園の風景は一変した。夜9時まで明るい夏場であっても、夕方5時を過ぎれば、人気がなくなる。安全ではないと考えられているからだ。しかしPokemon GO以降の夕方の公園には人が溢れ、出会った人の中には、こどもだけでチームを作って遠征に来ているというのも。

人々の行動が変わったことが、お互いの目に見える形で、一気に表面化したのである。そこでは、こどもが大人にポケモンの捕まえ方をレクチャーしていたり、全く知らない人同士が「こちらで捕まえられるよ」と声を掛け合って協力している様子が非常に印象的だった。これは、アメリカだけでなく、日本でも起きた現象だった。

2016年夏に世界中で吹き荒れたPokemon GO旋風に比べれば、Appleが仕掛けるチャレンジは、控えめに言っても地味だ。非常に個人的な挑戦であり、人によっては普段の生活と変化がない。「あ、あの人も、この人も」という街の変化を認めることもできないからだ

しかし、このチャレンジには様々なオプションがある。今は米国での感謝祭のイベントや、世界共通の新年のチャレンジという形で展開されているが、もっとゲーミフィケーションの楽しみを取り込んでいってもいいはずだ。

例えば、前述の5kmのウォーキングもしくはランニングエクササイズのバッジを、世界中の都市で恒常的に展開しても良いだろう。

サンフランシスコで5km、東京で5km、ロンドンで5km、といった具合に、旅行でも出張でも良いので、各都市に降り立ったときに、その都市に存在するチャレンジが表示されて、達成すると専用のバッジがもらえると、揃えがいがある。

あるいは富士山の頂上の位置情報を獲得したら、富士山を象ったバッジがもらえても面白いし、Appleの新しい社屋の外周を歩いたりジョギングしたら、スペースシップのバッジがもらえてもうれしい。

Apple Watchのチャレンジイベントは、日常にイベントを与えたり、ちょっとした目標を設定して旅やトレーニングを楽しくする可能性が存在している。さらに言えば、これがAppleでなければ、持っているバッジがプロファイルとなり、広告の最適化やクーポンの配布を行うためのデータとして活用できるかもしれない。

●ウェアラブル市場を、今後どうしていくのか
本連載でも採り上げたが、2016年のウェアラブル市場は「期待外れ」という評価が強い

このカテゴリを代表するApple Watch、FitBitが揃って低調で、両者が重きを置いているアクティビティ機能によるニーズの掘り起こしに限界が来ていることを意味している、と解釈できる。

前回のApple TVの記事でも触れたが、CESのトレンドはAmazon Echoであり、人工知能を声でコントロールする新しいコンピューティングのスタイルだ。

Apple WatchやAndroid Wear、あるいはFitBitがPebbleの資産を活かして、声と人工知能のトレンドに入り込んでいく可能性を模索することは、自然なことではないか、と考えられる。ただしそれもプラットホーム的な位置づけであって、デバイスとプラットホームの上で何をするのか、というアプリの部分が重要になってくる。

筆者は少なからず、ウェアラブルデバイスに、スマートフォンの次の役割を期待している。例えばAndroid Wearがサポートするように、LTE通信機能によって、単独のVoIPやデータ通信が可能になっていくといった風に。バッテリー持続時間の劇的な向上が図られれば、スマートフォンの代わりを果たすポテンシャルを大いに秘める存在なのだ。

そうした未来像について、Appleが率先して進めるとは考えにくい。少なくとも、iPhoneがAppleのビジネスの中心であるならば、Apple Watchはずっと、iPhoneのお供以上の存在にはならないからである。それだけに、AppleがApple Watchにどのようなアプリの可能性を見出すかは、大きな責任となっている。もちろん、iPhoneやiPadと同様、アプリ開発者のアイディアに頼ることになるが、それをいかに素早くサポートするかだ。

開発者会議は今年も6月に開催されるだろう。それまでウェアラブル市場が今の状態で保たれているかどうかは、まだ分からない。

松村太郎(まつむらたろう)
1980年生まれ・米国カリフォルニア州バークレー在住のジャーナリスト・著者。慶應義塾大学政策・メディア研究科修士課程修了。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)、キャスタリア株式会社取締役研究責任者、ビジネス・ブレークスルー大学講師。近著に「LinkedInスタートブック」(日経BP刊)、「スマートフォン新時代」(NTT出版刊)、「ソーシャルラーニング入門」(日経BP刊)など。ウェブサイトはこちら/ Twitter@taromatsumura

(松村太郎)