イギリスの人気歌手エド・シーラン (c)Imagecollect.

写真拡大

歌手のエド・シーランが、DJのカルヴィン・ハリスのフリをしてアカデミー賞のアフターパーティーに出席したと明かした。

エドはニューヨークのラジオ「92.3 AMP Radio」で「僕はカルヴィン・ハリスだって言ってマドンナのマネージャーの家のアカデミー賞のパーティーに行ったよ」「誰も彼がどんな顔なのか知らない時だったね。ただDJの名前だけが知られていた時だよ。僕はいとことリタ・オラと一緒だったんだ」「リタ・オラがカルヴィン・ハリスと付き合っていた時だった。彼女はカルヴィンがリストに載っているけれど、彼は来ないって分かっているから、自分は彼だって言えばいいって言ったんだ」「素晴らしいパーティーだったよ。プリンスがそこにいたね。入って最初に見た人がプリンスだったんだ」と話し、パーティーではバレなかったと明かした。さらに「かなりおもしろかったね」とコメントしている。

リタとカルヴィンは2013年5月から約1年間交際。その後カルヴィンは歌手のテイラー・スウィフトとの交際で注目されていた。