Galaxy Note7の発火原因が判明したそうです。
原因はバッテリー容量の無理な増加とバッテリーの温度監視の仕組みがうまく動かなかったという複合的な理由だそうです。


バッテリーの問題ではないかとずっと言われ続けていましたが、それだけではなく、小型薄型化にバッテリー大容量化、さらに防水と温度が上がりやすい環境が揃った上、温度監視がうまくいっていなかったというのがとどめを刺したという事でしょうか。

いずれにせよ、Note8の開発には安全性を第一に考えてもらいたいです。

サムスンに近い業界関係者は15日、「昨年末までにノート7の発火事故の原因を調べた結果、狭い空間でバッテリー容量を無理に増やしたことが事故の発端だったことが分かった。それに加え、バッテリーに過負荷がかかった際、電源を遮断するバッテリー管理ソフトウエアも正常に作動しなかった」と述べた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00000514-chosun-kr

Copyright © 2017 Galaxy Lab All Rights Reserved.