チョン・ギョンホからEXO チャンヨルまで…「ミッシングナイン」失踪者9人のポスターを公開

写真拡大 (全2枚)

18日に初放送を控えているMBC新水木ドラマ「ミッシングナイン」が2種のポスターを追加公開した。

「ミッシングナイン」は、前代未聞の飛行機墜落事故と無人島での遭難事故から4ヶ月後、唯一の生存者として現れたペク・ジニ(ラ・ボンヒ役) の証言をもとに、隠されたミステリーを暴きながら人間の本性、社会各界各層の葛藤と心理戦を熾烈に描くスペクタクルミステリードラマだ。しっかりとしたストーリーと華やかなスケールの映像に続き、ポスター公開でさらに好奇心と興味を呼び起こし、予期せぬ展開とどんでん返しを予告している。

そんな中、失踪者9人の漂流前後の姿が収められたポスターが公開され、関心を集めている。

韓国が愛するスターらしく華やかなビジュアルを誇るチョン・ギョンホ(ソ・ジュノ役)、チェ・テジュン(チェ・テホ役)、イ・ソンビン(ハ・ジア役)、EXO チャンヨル(イ・ヨル役)、リュ・ウォン(ユン・ソヒ役) と彼らを率いるレジェンドエンターテインメントのマネージャー オ・ジョンセ(チョン・ギジュン役)、代表キム・サンホ(ファン・ジェグク役)、彼の秘書テ・ハンホ(テ・ハンホ役) は、今まで公開された悲惨な姿とは正反対のかっこいい姿で視線を引きつける。

一方、海辺を背景にしたポスターは実際の遭難者を連想させる9人の服装と明るい笑顔がギャップを与える。彼らの服装と表情の間に違和感が感じられ、作品の展開に対する好奇心を高めているのだ。

正反対のポスター公開だけでも話題を集める「ミッシングナイン」が、9人の物語と事件をどのように描くかに対して関心が高まっている。このように「ミッシングナイン」は飛行機墜落事故と無人島遭難の前後を対比させ、9人に起こるミステリーな事件に対する好奇心を高めている。

2種のポスター公開で本放送に対する期待が高まるMBC新水木ドラマ「ミッシングナイン」は、韓国で18日(水) の午後10時に初放送される。