3人組ガールズグループH2L、デビュー曲「Winter Story」を発売…音楽界への第一歩を踏み出す

写真拡大

3人組ガールズグループH2Lが音楽界への第一歩を踏み出す。

所属事務所Regolithエンターテインメントは「H2Lが本日(16日) 正午デジタルシングル『Winter Story』を発売し、公式デビューする」と明らかにした。

H2Lはサンハ、ユリ、フィリンの3人で構成されており、チーム名は各メンバーの名前のイニシャルの最後の文字からとって作られた。メンバーそれぞれの高級感あふれるイメージとアナログ感性、現代の洗練された音楽を結合し、自分だけのカラーで全世界を魅了させるという抱負が込められている。

デジタルシングルのタイトル曲「Winter Story」は純粋な少女のときめき溢れる冬の愛の物語であり、メンバー達の可憐でありながら、温かな声が込められた曲だ。

愛らしいメロディーと感性的なシンセサウンドが特徴的なこの曲はキム・ボムスの「一日」、「Memory」、チョ・クァヌの「冬物語」等を手掛けた、韓国最高の感性プロデューサーホ・グァンフンチームの作曲家と、様々なOST(劇中歌) を手がけたイ・ジュニョンの合作で誕生した。H2Lならではの色を忠実に表現しており、純粋でときめき溢れる記憶を思い出させる。

H2Lのデビュー曲「Winter Story」は本日(16日) 正午に公開された。