パク・ヘジン「マンツーマン」出演陣たちと練炭配達のボランティア活動“特別で幸せな一日だった”

写真拡大

JTBCの新ドラマ「マンツーマン」チームが真冬に恵まれない隣人たちを助けるためにボランティア活動を行った。

「マンツーマン」チームは11日、ソウル蘆原(ノウォン) 区のある村に集まり、基礎生活受給者及び独居老人、生活に苦しむ家庭など、疎外されている階層に練炭寄付及び配達のボランティアを行った。

この日のボランティア活動には、キム・ソル役を演じるパク・ヘジン、イ・ドンヒョン役のチョン・マンシク、ソン・ブン役のイ・アジン、ヤン君役のオ・ヒジュン、チャン秘書役のキム・ヒョンジンなど、多数の役者たちをはじめ、「マンツーマン」のイ・チャンミンプロデューサー及び数十人のスタッフらが参加して約2000枚の練炭を伝えた。

多忙な撮影スケジュールの中でもボランティア活動に参加した俳優らとスタッフらは、氷点下9度の酷寒にもかかわらず、明るい表情で楽しく練炭を配達した。

特に日頃から率先して善行を行ってきたパク・ヘジンは、現在共にしている「マンツーマン」のチームと一緒にボランティア活動をしたためだろうか、始終微笑みを浮かべながら練炭を配達した後は酷寒の中で共に汗をかいてくれた人々のために夕食をもてなした。

さらにパク・ヘジンは、ソウル市社会福祉共同募金会を通じてソウル練炭銀行に低所得層のため、5000万ウォン(約485万円) 相当の練炭と暖房物品支援金2500マンウォン(約243万円) を寄付・寄贈した。

パク・ヘジンは「『マンツーマン』のスタッフ及び監督、同僚俳優の皆様と一緒にボランティア活動ができてとても楽しく、特別で幸せな一日だった。最近、景気低迷によって寄付が途絶えているらしいが、それが一番心配だ。僕たちだけでも恵まれない方々の助けになってほしい」と「マンツーマン」チームを代表して練炭配達のボランティア活動を無事終了した感想を伝えた。

これに対してソウル練炭銀行の関係者は「皆時間を割けられない多忙なスケジュールの中でも、楽しくお互い配慮しながらボランティア活動に臨む姿に驚き、最高だった。改めて感謝する」と伝えた。

また、完璧なチームワークの中で撮影に拍車をかけているコミックメロスパイアクションドラマ「マンツーマン」は上半期にJTBCを通じて、韓国で放送される予定だ。