15日、韓国・毎日経済は、日本の宇宙航空研究開発機構が世界最小のロケットを打ち上げたが、機体からのデータ受信が正常に行われず失敗に終わったことを伝えた。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

写真拡大

2017年1月15日、韓国・毎日経済は、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)が世界最小のロケットを打ち上げたが、機体からのデータ受信が正常に行われず失敗に終わったことを伝えた。

日本メディアによると、JAXAは15日の午前8時33分、鹿児島県起肝付町の内之浦宇宙空間観測所から「SS520」4号機を打ち上げた。しかし、第1段ロケットの燃焼が終わった後、機体の状態を示すデータの受信に異常が生じ、2段ロケット点火を中止した。機体は近くの内之浦南東側の海上に落下したことが確認された。

今回打ち上げられたロケットは全長約9.5メートル、直径約50センチで、JAXAが主力とする「H2A」ロケットの5分の1程度の全長で、衛星を搭載したロケットの中では世界最小となる。ここに搭載された超小型衛星「TRICOM1」は東京大学が開発したもので、縦横約10センチ、高さ35センチ、重さ3キロだ。「TRICOM1」は地球の周りを楕円軌道で周回し、地表の撮影やデータ通信を行う予定だった。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「日本は液体燃料でも固体燃料でもロケットを打ち上げる技術持っている。これをミサイル技術の開発と呼ばないのはどういうことだ」
「衛星を口実にしたミサイルの発射試験ではないのか?」
「長距離ミサイル実験だな」

「科学技術分野では韓国は辺境の地で永遠にかやの外だ」
「韓国は何をしているんだ」
「日本は打ち上げするところまでは行った。我々には何もできないのに…」

「失敗することもあるよ」
「こんな小さなサイズの衛星にするなんて、すごいな」
「失敗したとしても、うらやましい」(翻訳・編集/三田)