■極私的! 月報・青学陸上部 第28回

 苦悶の表情を浮かべ、フラフラになりながら田村和希(3年)がやってきた。8区で待っていた下田裕太(3年)は、田村和の名前を叫んだ。

 田村和は襷(たすき)を下田に渡す時、苦しくて何も伝えることができなかった。だが、下田が放った言葉はしっかりと聞こえた。

「任せろ!」

 下田は襷を受けるとエンジン全開で飛び出していった。

  *      *      *

 6区の小野田勇次からトップで襷を受けた後、田村和は軽快に走り出した。

「最初は気分的にもノッていて、体も軽くてラクな感じで走れていましたし、昨年の小椋(裕介)さんと同じくらいのラップで入りました。このままいけば後半5kmでもっとペースを上げられる。区間賞を獲って、下田に渡すぞっていう気持ちでした」

 しかし、10km地点で給水を受けた時、異変が起きた。最初にスポーツ飲料水、次に水を飲んだ。すると逆流してきたのだ。しばらくすると胸がモヤモヤして吐き気が襲い、汗が吹き出した。まだ16kmを超えたところ、ここでペースを落とすわけにはいかない。しかし、スピードを上げると嘔吐しそうになった。

「前半、早いペースで走って、結構汗をかいていたんですが、途中冷たい向かい風のせいで、それが冷えて体温がぐっと下がったんです。それで体が動かなくなるし、吐き気が止まらないし、状況は悪くなる一方でした」

 背後にいた原晋監督が乗る車からは「大きく息を吸って、大丈夫。仲間が待っているよ」と声がかけられた。沿道からは「頑張れー!」という声が飛んだ。だが、フォームが崩れ、足が前に出ない。1km、3分24秒までペースがダウンした。原監督の表情が曇る。大舞台でのあまりにも大きな試練に田村和は、懸命に抗(あらが)っていた。

 8区の平塚中継所にいた下田はサポート役の吉永竜聖から田村和の状況を聞いた。

「田村は暑いのが苦手というのは3年間一緒にやってきてわかっていましたし、箱根を走る前に『今回は暑くなるからお前、ヤバイかも』っていう話をしていたんです。だから想定内っていうのはあったんですけど、あそこまでになるとは思っていなかった」
 
 田村和は抜かれるかもしれない。だが、早稲田大に抜かれても下田はトップを取り戻す自信があった。この日のためにしっかりと調整してきており、絶好調だったのだ。それゆえ、襷をなんとかつなげてほしいと祈っていた。

 田村和は、歯を食いしばって走っていた。

「本当は止まりたかったです。たぶん、マラソンとか個人のレースなら止まっていたと思います。でも、駅伝は簡単にやめられない。9区の(池田)生成さん、10区の安藤(悠哉)さんたち4年生は陸上競技人生最後のレースですし、ここで途切れたらみんなに申し訳ない。絶対に襷を下田に渡す、その一心で走っていました」 

 その強い想いとは裏腹に田村和は、KO寸前のボクサーのようだった。出雲駅伝、全日本駅伝と力強い走りで優勝に貢献した田村和が、なぜこんな状態に陥ってしまったのか。

 12月30日、田村和は体調を崩し、鼻水が出るなど風邪の症状が表れた。このまま無理して練習をすると箱根を走れなくなると思ったので、勇気を持って原監督に言った。

「今日、1日だけ休ませてください」

 丸1日、休養を取ったおかげで鼻水が止まった。翌日の練習では走りにキレを感じた。体にダルさや筋肉の張り、違和感などもなく、何事もなかったかのように箱根当日を迎えたのである。しかし......。

「今シーズンは夏合宿からずっと調子が良くて、出雲と全日本でいい走りができていましたし、箱根1カ月前の10000m学連記録会でも自己ベストを出すことができました。いい流れできているし、力もついてきた。これならちょっとぐらい体調を崩しても箱根は大丈夫だろうって思っていたんです。でも、甘くはなかった。やはり少しでも体調を崩してしまうと箱根は走れない。これが陸上の厳しさ、駅伝の厳しさだなって思いましたね」

 田村和はずっと好調だったがゆえに"過信"という落とし穴にハマったのだ。実は、春先にも病気にかかり、調子を落としたことがあった。4月の記録会で5000mの自己ベストを出すなど好調だったが、5月の関東インカレが終わった後におたふく風邪にかかり、10日間ほど離脱した。その時は完全に復帰するまで1か月近くかかっている。今回の風邪は重症ではなかったが、ダメージが内臓に残っていた。体調不良で消化機能が十分に働いていない可能性が高かった。また、箱根3日前に寝込んだがゆえにレースへの不安やストレスを抱えていたのだろう。そうした複数の要因と暑さが重なり、脱水症のような症状を引き起こしたのだろう。

 一時は2位の早稲田大に33秒差にまで追い上げられた。ほとんどジョグのようなペースだったが、決して止まらなかった。それが今シーズン、結果を出してきた田村和の底力だった。最後は襷を手に取り、拳に巻きつけて走った。そうすると体全体にパワーがチャージされ、一歩先を踏み出せる気がした。

「下田が見えた時はホッとしました。襷を渡す時、『任せろ』って下田が言ってくれたので、安心することができました」

 田村和はそこからあまり記憶がない。体が冷えて痙攣を起こし、点滴が打たれた。そして、救急車で病院に運ばれた。

「救急車の中は何も考えられなかった。ただ、つらかったです」
 
 そのころ、下田は湘南海岸を激走していた。8区は、下田にとって競技人生の転機となったところだ。昨年、出雲駅伝で駅伝デビューを果たし、箱根駅伝では8区で素晴らしい走りを見せ、区間賞を取った。まだマイナーだった下田を全国区にしてくれた場所である。

 今年は8区ではなく、距離が伸びた4区での出走を希望し、そこを走るイメージで練習をしてきた。しかし、最終的な区間エントリーでは4区に森田歩希(2年)が入り、下田は補欠だった。

「往路なら4区を走りたいとこだわってきたんですけど、出雲、全日本と自分の走りを考えた時、ここで走りたいと言える状態ではなかったですね。むしろ監督に『ここで走ってくれ』と言われた方が自分の力を発揮できる。そういう自分の心理状態やメンバー構成を考えると8区が妥当だと思っていました。だから、4区がダメでも気持ちが切れることはなかったです。8区で勝負を決めようと臨みました」

 下田は序盤から突っ込んだ走りを見せた。原監督からは「前半はゆっくりでいいよ」と言われたが、早稲田大とのタイム差が気になったので序盤からペースを上げた。途中の計測で2分9秒差になり、それからも早稲田大との距離がどんどん離れていった。下田は、田村和の遅れを取り戻したのである。

「田村は厳しい状態になったけど、粘って襷をつないでくれた。僕はこれまで出雲、全日本と田村に助けられた立場だったんで、田村がダメな時は僕が走る。それがチームだし、駅伝だと思います」

 出雲では2区の田村和がトップに立ち、襷を渡してくれたが、3区を走った下田が東海大のルーキー關颯人に抜かれた。全日本では1区を走ったが8位と出遅れ、2区の田村和がごぼう抜きしてトップに立った。下田の前後にはいつも田村和がいてフォローをしてくれた。全日本後、「一色(恭志)さんと田村に感謝だなぁ」とうなだれていた下田に対して、「誰かが誰かをカバーする。これが駅伝だから」と田村和は笑顔で返した。

 下田は、この箱根でようやくその借りを返すことができたのである。

 田村和は1年、下田は2年の時から箱根を走り、今シーズンはエースの一色に次ぐ存在に成長した。もっとも性格や目指す方向性は異なる。田村和は「一色さんみたいに常にエースの走りをして、チームの精神的な支柱になりたい」という。下田は「ムードメーカーとしてチームを明るく楽しくしていきたい」と自らの役割を自覚している。タイプが異なるが、ともに力があるがゆえに共鳴し合うのだろう。

 また、田村和は暑さ、そして下田にはメンタルの弱さという課題がある。田村和はその暑さが影響してのペースダウンだったが、下田はメンタルを整えてきた。

「出雲と全日本は状態がよかったのに走れなくて、それはメンタルの問題だというのはわかっていました。それは自分で克服しないといけないのですが、監督やチームメイトはそのことを知っているので、いろんなことをやって盛り上げてくれた。

 それから12月の防府マラソンで橋本(崚・現GMOアスリーツ)さんが勝ったのも大きかったです。優勝はメンタルの要素がすごく大きいことがわかったし、頑張っている姿がプラスになった。今回も緊張しましたけど、1年間、箱根にかけてやってきたので自分の状態もメンタルも絶対に上がってくると信じていました。実際、そうなったんで気持ちよく走ることができました」

 たしかに8区を走っている下田の表情は楽しげで、その走りは力強かった。12月に捻挫をして3日間、走るのを止められた。そんなことはまったく感じさせなかった。

「ラスト2分42秒ペースで区間新だ。いけるぞ」

 原監督の声が聞こえたが、さすがにその余裕はなかった。下田はトップで9区の池田につなぎ、2位の早稲田大に5分32秒もの差をつけた。タイムは前年と同じ1時間4分21秒で区間賞獲得。今季の不甲斐ない走りを払拭した。
 
 田村和は病院で治療を受けた後、トレーナーの車で町田寮に帰って静養する予定だった。しかし、安藤の最後の走りを見ていたらふと思ったという。

「逃げたらダメだ。やっぱりみんなのところに戻らないと」

 フラフラになって走っている時、原監督に「仲間が待っているよ」と言われた。症状が落ち着いたし、仲間が走っている今、自分だけが町田に帰って休むわけにはいかない。そう思って、チームメイトが待つ大手町のゴールに田村和は還ってきた。

「本当にチームに迷惑をかけたなと思います。体調を崩して休ませてもらったにもかかわらず、監督が信頼してくれて僕を送り出してくれた。それでエントリーされていた林(奎介)が出られなくなってしまったんですけど、嫌な顔ひとつ見せずにサポートや給水をしてくれた。下田もカバーしてくれた。本当にチームのみんなに感謝です。サンキュー大作戦というか、ありがとうって言いたい。これが駅伝の素晴らしさですね」

 田村和は、鼻声でうれしそうにそう言った。

 下田は、区間新を獲れなかったことを悔やんでいた。それでも来シーズン、最上級生で挑む箱根について聞かれると「4連覇のプレッシャーはないです」とキッパリと言い切った。

「今回、箱根のエントリーで自分たちの代が5名入っていたのが大きいです。吉永は故障で無理だったですけど、中村祐紀は調子がよかった。でも、安藤さんとの比較と『アンカーは4年生が走るべきだ』という監督の考えもあって、走ることができなかった。来年は2人ともしっかり走ってくれると思いますし、(5区の)貞永(隆佑)にはもっと山を早く登ってもらわないといけない。そして、僕と田村は往路を走らないといけないと思っています」

来年の箱根は2区を走ったエース一色と3区の秋山雄飛、9区の池田、10区の安藤が卒業して抜ける。往路、復路ともに大幅なメンバーの入れ替えが起こるだろう。

だが青学の選手層は分厚い。今の1、2年生が成長し、有望な新人も出てくるだろう。そして、4年になる"タムカズ―シモダ"のラインは駅伝の軸となり、さらに強力な武器となる。出雲も全日本も、そして最後の箱根駅伝もこの2人で襷をつなぐはずだ。

佐藤 俊●文 text by Sato Shun 
photo by Nikkan Sports/Aflo