San E、23日に電撃カムバック…1年9ヶ月ぶりのアルバム「Season of Suffering」を発売

写真拡大

ラッパーSan Eが帰ってくる。

所属事務所BRAND NEW MUSICは本日(16日) 、「San Eが23日0時にニューミニアルバム『Season of Suffering』をリリースして電撃カムバックする」と明らかにした。

これは2015年3月に発売された1stフルアルバム「THE BOY WHO CRIED WOLF」以来1年9ヶ月ぶりにリリースされる新しいアルバムで、今回のアルバムもやはりSan Eが全曲の作詞・作曲はもちろん、全体のプロデューシングを引き受け、前回のフルアルバムと同様にアルバムの全体的なコンセプトからビジュアルディレクターまで、すべてをSan Eが引き受けてアルバムに精魂を込めた。

San Eは去年シングル「Like An Airplane」、「甘いな(タルゴナ)」、「BAD YEAR」などをリリースして、多様な素材と共感度も高い歌詞を通じて、ヒップホップファンたちだけでなく大衆の好みまでひきつけ、多くの人気を得た。

所属事務所であるBRAND NEW MUSICは、「San Eの新しいミニアルバムには、タイトルを含んだ合計7つの曲が含まれている」と明らかにして、「収録曲全てに生き生きとしたユニークな主題とカラーがあり、より緻密になったSan Eのプロデューシング能力を感じられるはずだ」と伝えた。