「ボイス」チャン・ヒョク&イ・ハナ、音を元に連続殺人犯を追う

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
チャン・ヒョクとイ・ハナが連続殺人犯に捕まっていた被害者を救った。

15日に韓国で放送されたOCN「ボイス」では、被害者と通話するカン・グォンジュ(イ・ハナ) の姿が描かれた。被害者は「来る途中に色とりどりの物を見た」と話した。

これを元に、カン・グォンジュは自身が聞いたガラガラという音について考えた。そして床屋の看板が回るときに出る音であることを知り、被害者を追っていたム・ジニョク(チャン・ヒョク) に話した。

その時、殺人犯が被害者を連れて行って、ハンマーを突きつけた。被害者は必死に身もだえし、ム・ジニョクは近所で床屋を見つけ、殺人犯を襲った。

乱闘の末、ム・ジニョクは殺人犯を検挙した。このことで警察庁は音を元に捜査する特別捜査チームを作った。