T.O.Pの入隊控えたBIGBANGの今後は?メンバーたちが続々とソロ活動を予告

写真拡大

BIGBANGは止まらない。メンバーのT.O.Pが2月に軍入隊のため席を外すことになるが、残りの4人のメンバーたちが一緒に、またはそれぞれ活動を続けていく。T.O.Pが映画撮影のため数ヶ月間BIGBANGの活動から抜けていたときに稼働されていたシステムだ。完全体を再び見るには時間が必要なだけで、BIGBANGはこれからも休まず走っていく。

まずG-DRAGONとSOLはそれぞれソロ曲の発売を準備している。YGは「正確な時期が決まっていないだけで、G-DRAGONとSOLが久しぶりにソロ活動を展開する。すでに準備作業がかなり進んでいるものと聞いている」と伝えた。

BIGBANGはメンバー5人全員、単独でも力を発揮することができるアーティストだ。G-DRAGONは、ソロアルバムの発売でBIGBANGにも負けない、ときにはそれ以上の音楽的成果と反応を得た。「BIGBANGは僕の家族同然だ。BIGBANGのいない人生は無意味だ」としたSOLはこれまでBIGBANGと音楽だけに専念してきた。2017年上半期に発売するソロを通じては、自身だけの必殺技を披露するものと期待を高めている。

D-LITEは日本単独ドームツアーを行う。G-DRAGON以来、海外ソロアーティストとしては史上2番目の快挙だ。真面目に歌手活動を行う上、音楽的な情熱があふれる彼だからこそ可能なことだ。すでに「ファミリーがやってきた」などを通じて生まれ持ったバラエティセンスをアピールした彼は、単独コンサートを通して、華やかなトークと芸で観客を笑わせる才能を見せる予定だ。

今回のD-LITEの日本ドームツアーは4月15〜16日西武プリンスドームと22〜23日京セラドームなど2都市4回公演で20万人余りを動員する。D-LITEの莫大な日本ファンのパワーを見せつける数値だ。

V.Iはまだはっきりとしたスケジュールは公開されていない。しかし、“G-DRAGON&SOL&V.I”の組み合わせはこれまでも強大な威力を発揮してきたため、YGのヤン・ヒョンソク代表がどんなサプライズカードを準備しているのかにも関心が高まっている。

このように、最近完全体のコンサートでファンと別れの挨拶をして間もなく、BIGBANGのメンバーたちはすぐにファンの寂しい気持ちを慰めてくれる。メンバーの1人を他のアーティストと比較しても負けないBIGBANGは、まさにハリウッド大作「アベンジャーズ」のミュージシャン版だと言える。