東京オートサロンのスバルブースでは、モータースポーツ参戦車両やコンセプトカー以外にも、注目のモデルが展示されていました。

その中でも昨年登場し、人気を博しているレヴォーグの最上級グレードのSTI Sportをベースに、STIからリリースされている「STI Performanceパーツ」をふんだんに装着しているモデルをご紹介します。

1

レヴォーグのSTI Sportは、カタログモデルとなるライン生産でありながら、STIのテクノロジーと上質な内外装を融合させた最上級モデル。標準仕様のまま乗っても、十分なパフォーマンスを発揮するクルマですが、さらに走りを磨くことでもっとスポーティに、もっと気持ちよく走れるスポーツツアラーへと進化します。

そこで、今回出展されたレヴォーグには、STIの提唱する「強靭でしなやかな走り」に磨きをかけるフレキシブルタワーバーをはじめとした剛性アップパーツやエクステリアを引き締めながら、徹底した空力テストにより性能が裏付けられる本格エアロパーツをパッケージとした「STI Performance パッケージ」が装着されています。

STIスポーツパーツの中でも最も人気の高いパッケージですが、この出展車両には、さらに高い次元の走りを提供するドリルドブレーキローターやリヤスポイラーといった機能パーツが装着されているほか、参考出品のアイテムとして、フロントのブレンボ製対向4POTブレーキキャリパーや、WRX S4 tSに装着されているCVTクーラーなども装備されていました。

いずれのアイテムもカスタマイズ志向の強いユーザーからは登場が待ち望まれる期待のパーツで、何よりレヴォーグを愛車に持つ筆者も垂涎の仕様といえます。さらに、関係者から得た情報によれば、すでにリリースが決定しているアイテムも装着されているというではありませんか!

そのアイテムの一つがフロントアンダースポイラーの下に装着する「スカートリップ」。すでにリリース済みのアイテムではありますが、新たに赤色が追加されるとのこと。スカートリップはフロントアンダースポイラー保護の役割のほか、さらなる空力性能の向上もあるパーツです。

標準バンパーよりもさらに最低地上高の下がるアイテムなだけに、うっかり擦ってしまった!なんていうことも考慮され、硬質ゴム製となっているだけでなく、素材自体の色を赤色とすることで、万が一擦れても違う色の下地が出てくる…という心配がない気配りもされています。STIのイメージをさらに強めるレッドのスカートリップは来場したスバルオーナーにもかなり注目されていたようです。

そして、もう一つリリース予定のアイテムがカーボン調ドアハンドルプロテクター。ドアハンドルを握ったときについてしまう爪のひっかき傷を防止するアイテムです。貼り付けるだけの簡単装着で、カーボン柄とSTIのロゴがドアハンドルまわりをスポーティに演出してくれます。

いずれのアイテムもレヴォーグ以外に適合するモデルがラインナップされるとのことですので、是非レヴォーグ以外のスバルオーナーも心待ちにしたいパーツです。

(井元 貴幸)

【東京オートサロン2017】STIの提案するレヴォーグSTI Sportに発売予定のNEWアイテムを発見!(http://clicccar.com/2017/01/16/437125/)