ブラッドは最近元気な姿に戻っていると評判/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

現地時間1月8日に行われた第74回ゴールデングローブ賞授賞式では、ブラッド・ピットがドラマ部門の作品賞にノミネートされていた『ムーンライト』(2017年公開)のプロデューサーとして、サプライズ登壇を果たした。

【写真を見る】離婚後初めて公の場に現れ、世間を驚かせた際のブラッド・ピット/写真:SPLASH/アフロ

昨年9月以来、ブラッドはアンジェリーナ・ジョリーとの親権を巡る泥沼離婚騒動で、DV疑惑をかけられ、子どもたちにも自由に会わせてもらえず、心労によって激ヤセが心配されていた。しかし今回は以前とは違って、やつれて痩せてしまった状態ではなく、「昔に戻った?」「ボトックス顔からナチュラルになった」と、なかなか好評を得たが、その理由はブラッドのヘルシーライフにあるようだ。

「ブラッドはかなり体重が減りました。アンジェリーナと交際を始めてからは、彼女と子ども優先の生活を送ってきましたが、現在彼は昔のように、自分自身のことにフォーカスしているんです。食べ物をきちんと管理し、ヘルシーな食事を作ってくれるシェフを雇っています。いままでは十分な時間もありませんでしたが、しっかりエクササイズもして、ハイキングやウォーキングなどアウトドアでの活動も増やしています」

「ウェイトトレーニングにも力を注いでいます。食べ物と運動により、クリーンでヘルシーな生活を送ることに専念しています」と、それぞれ別の関係者がUsウィークリー誌に語っている。

GG賞授賞式の翌日には、アンジェリーナが渋っていた「子どもたちの親権を守るために、裁判所に提出した書類を公にしない」という合意が得られたことを伝える共同の声明を明らかにしており、少しずつ元気と自分らしさを取り戻しているブラッド。

「頑張って!」「また元に戻ってよかった!」「昔のブラッドに戻りつつあって嬉しい」「ジョニー・デップもそうだけど、悪い女に捕まると良い男が台無し」「独身に戻ってかっこよくなったから、また応援するわ」といった激励の声が多数寄せられた。【NY在住/JUNKO】