これが軽自動車999か……!車の上に作られたメーテル雪像が話題

写真拡大

先の土日にかけ各地で大雪が観測されました。あまりの寒さに、外出の度に凍え死ぬんではないだろうかと思うレベルでしたが、その大量に降った雪を逆手に取り楽しんじゃってる人もいるようです!

【関連:江戸時代の雪だるまが話題 文字通りだるま形!】

愛知県在住の黄緑エリミさん(@elimi_lime)は何とこの豪雪を利用して、自家用車の上に松本零士先生の名作『銀河鉄道999』に登場するメーテルの胸像をつくってしまったんです!!Twitterにはその時の写真が「私の名はメーテル…鉄郎…軽自動車999号に…お乗りなさい…」というコメントともに投稿されています。

メーテル雪像

詳しい話を聞いてみたところ制作時間は約1時間とのこと。ゴム手袋をはめ、バケツやプラスティックの破片を利用して細かい部分まで再現。球体関節人形を作っているという手腕が、こんなところでも遺憾なく発揮され、あちこちで絶賛されています。
憂いあるセクシーな横顔はいつまでも残しておきたいほど美しいですが、これも晴れてしまったら消えてしまうんだな……と刹那な芸術にさらなる感動が募りそうですよね!

・画像提供:黄緑エリミさん(@elimi_lime)

(大路実歩子)